アマゾンの貨物機墜落で見えた「空のブラック企業」の実態 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

米国の貨物航空会社「アトラス航空」は、Eコマースの普及を追い風に事業を急拡大させてきた。ニューヨーク州パーチェスに本拠を置く同社は、アマゾン傘下の貨物航空会社「アマゾン・エア」の運行を請け負っている。...

ツイッターのコメント(13)

適正価格ってこうやって決まるんだね?勉強になった。
日本と違って、素晴らしい職場環境であるはずのアメリカでも、コレが現実。

相場の半分の給料に、50%近い離職率。

最近の人は、外国に夢見過ぎなんだよ。
”一方で、2016年以降パイロットとの契約交渉は難航しており、パイロットらはアマゾン本社の前で抗議デモを行った。パイロットらは、給与がUPSの機長や副操縦士と比べて48%低く、過酷な労働条件によって士気が低下して離職率が高まっていると主張している。”
Amazonの極端な顧客第一は内部崩壊のリスクをはらんでそうだな
出資してるんだから 責任あるわな アマゾンにも。
また勤続疲労か
航空産業で信用よりも重要な資産はない
「パイロットは過酷な労働を強いられており、低水準の給与や劣悪な労働環境により離職率が高まっている」と。Amazon繁栄を支える縁の下のブラック企業。トラック便に加えて空の貨物便も。→
組合側と会社側のどちらの主張が正しいのだろう ただいずれにしても安易にamzonの条件に従うだけではビジネスは立ち行かず、経営陣も判断しなければいけないということ
ヤバい!(;`O´)o
Eコマースの普及を追い風に事業を急拡大させてきたアトラス航空は、2018年の売上高で過去最高を記録した。しかし、その背景にはパイロットの過酷な労働条件がある。
以上
 
PR