四角いスティックのりで「角までしっかり」 50年目の革命的イノベーション | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

スティックのりを使う時、紙を下に敷いて使う経験は誰にでもあるのではないだろうか。角までしっかり糊付けをしたい。だから塗るときにはみ出る前提で、下に紙を敷くのだ。そんなストレスを解消するためにとうとう生...

ツイッターのコメント(65)

小野照崎神社さんがこれを使ってて、御朱印貼る用に買ってみた。
塗りやすかった!
ヨドバシカメラのサイトだと1本でも送料無料でしたよ。ありがたや。
薬王堂に買いに行ったら、文具コーナー入れ替え?縮小中?で置いてなかった
『これ、よくない?』
今まで、ありそうでなかった『四角いスティックのり』
狙ったところまで、はみ出さずに塗れますよ😆✨
そもそも四角いのりがないことに今まで疑問をもてなかったわ、、
既視感のある断面、これほしい!

@kingjim
文中の写真でキングジム製品だとばっかり>
辿り着くのに50年か...
もうちょい早く欲しかったなー
しっかりやって!
新しい価値を産む創造的な行為というコンセプトが素晴らしいよねぇ。事業計画書見てみたい。さらにデザイン会社名nendoてネーミングセンスが悔しいほどにしっくりくる。
 

 
PR