日産のバッテリー部門買収の中国企業「ガソリン車は終わる」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

中国の上海に本拠を置くエンビジョングループ(遠景集団、Envision Energy)は、電気自動車(EV)のバッテリーセル(単電池)のコストを、大幅に引き下げようとしている。同社は2020年までに、...

ツイッターのコメント(21)

2年前の記事。
| Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
排ガスを発生せずに、温暖化防止にも貢献する、電気自動車の普及は、今後、順調に進むことを期待します!電気自動車の価格ダウンにも期待したいと思います!☆☆☆☆☆
うん、安価なバッテリーはガソリン車の命運を決するかもしれないが、「EVは大気汚染の問題を解決する。」はちょっと膨らませ過ぎかなー
マジか。「今後の5年から7年で、バッテリーパックのコストは1キロワット時あたり100ドル程度にまで下落、、、EVの製造コストはガソリン車とほぼ同等に、、、その後の15年から20年で、EVは世界的に普及していく」。 >日産のバッテリー部門買収の中国企業「ガソリン車終わる」
時期はさておき、いずれそうなっていく未来しか見えぬ。/// 今後の5年から7年でバッテリーパックのコストは1キロワット時あたり100ドル程度にまで下落。100ドルが達成できれば、EVの製造コストはガソリン車とほぼ同等になる。
ゴーンやホチキスの縦横よりこちらが重要↓

「エンビジョンは今年8月に日産自動車のバッテリー部門を買収したが、その後の研究でバッテリーのコストを劇的に引き下げる方法を突き止めた。同社CEOは、スタンフォード大学で開催されたGlobal Energy Forumでこの件を報告」
「大量のEVが一度に充電をしようとすると、大変な事態になる。IoTとAIを組み合わせたシステムで、全体を管理する必要が出てくる。電力需要を正確に予測し、適切な給電が行える、非常に洗練された仕組みが必要になる」
これね… 
中国がタミヤあたりまで手を出して来たらおそらく本気で EV 普及してくる可能性が高いと思う。
だって EV なんて基本部分は 1/1 Wired Car に過ぎないから…
いろいろと残念に感じる
えっ?日産って、バッテリー部門、中華に売ってまったのけ?( ̄▽ ̄;)
 
PR
PR