TOP > その他のニュース > スタバは豪州でさらに苦戦か 逆境に直面する理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

スタバは豪州でさらに苦戦か 逆境に直面する理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

10コメント 登録日時:2018-09-16 10:41 | フォーブス ジャパンキャッシュ

米コーヒーチェーン大手スターバックスは、オーストラリアで新たな問題に直面している。ギリシャ・ラリサ に拠点を置くミケル・コーヒー・カンパニーが8月末、シドニーに初の店舗をオープンしたことがその原因だ。急成長を続けるミケルは向こう3年内に、同...

Twitterのコメント(10)

オーストラリアのコーヒーあるある3。カフェ文化はある。食後のコーヒーを勧める習慣はない。あと、カプチーノもブラックもほぼ同価格。>
「ギリシャやイタリアからの移民たちが、国内で数多くのコーヒーショップを開業していた」 ⇒ ローカリゼーション事例として興味深い
ソウルでも台北でもスタバよりも圧倒的に地元のカフェ☕️が愛されていて、スタバに行くと地元の友達から
『なんでスタバなんか行くの❓』
的な顔をされた😨

うちのカフェ☕️も、もっと地元ならではの特色だして頑張ろう💪
カフェをレンタルスペースとして利用してる日本の若者とは違うようだ。うん、オーストラリアの方が全うだと思う。

豪で多額の赤字を計上した米スタバ 背景に「食事提供」の準備不足
日本人でスタバの珈琲の香り、味などを正確に味わっている人はどれくらいいるのだろうか。
食べ物と一緒に珈琲を飲んだからと言ってエスプレッソの香りが台無しになるからスタバに行かないという人はあまりいない。
そこが日本と豪州の違いだと思う。
まぁ確かにスタバの数は少なかった気がする。というか混んでなかった印象。
オーストラリアも
コーヒーカルチャー熱いのは耳に入っていたが
そのルーツは移民にあったのね。

一度行ってみたいもんです🐨
ど〜して何故Why? スタバみたいな糞不味いコーヒー屋チェーンがこの世界に存在出来ちゃっているの??それが信じられない!!😩旨いコーヒー屋さんの多い豪州でスタバが通用するわきゃあねえべっての!!👎

 逆境に直面する理由(Forbes JAPAN)
豪で多額の赤字を計上した米スタバ 背景に「食事提供」の準備不足
そうだろうなー、、、
メルボルン行った時に思ったけどオーストラリアはローカルのカフェでのシェアが圧倒的に占めてる気がする
もちろんクオリティも高い
以上

記事本文: スタバは豪州でさらに苦戦か 逆境に直面する理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

関連記事