TOP > ネタ・話題 > 「公正中立」と「マスゴミ」の間で。フェイクニュースが蔓延するSNS時代をどう生きるか?|森達也(映画監督・作家)|FINDERS

「公正中立」と「マスゴミ」の間で。フェイクニュースが蔓延するSNS時代をどう生きるか?|森達也(映画監督・作家)|FINDERS

21コメント 2019-09-05 20:32  FINDERS

「クリエイティブ×ビジネス」をテーマに、新たなイノベーションを生むウェブメディア

ツイッターのコメント(21)

インタビューしました!
"治る可能性が低い、あるいは治したとしても動機を語るかどうかわからない。そんな仮説を理由にして適正な手続きを省略することなどありえない。"
「ネットメディアはどのような情報を発信すべきか」の質問に「声の小さな人、弱い人、諦めかけている人の声を代弁すること」/ @FINDERS_media
シャツのサイズ間違えたかな森達也さん
私(あえて我々とはいわない)はSNSから世界を俯瞰しているような気がしていたけど、これは自分の趣向に適した「世論」なんだね
"地下鉄サリン事件をきっかけに、日本は大きく変質し始めた"
なにも考えていない人が発信能力を手にしてしまう怖さ、については日々思うことがある……『A3』読まねば
声の小さな人、弱い人、諦めかけている人の声を代弁すること
"集団の中の一人として埋没したときに、「僕」や「私」などの主語が「我々」や組織の名前に変わります。つまり一人称単数の主語を捨ててしまう"
フェイクニュース デマ拡散は犯罪行為😡
しかしそれと知りながら意図的 確信犯的 に垂れ流す輩もいる😒
森達也さんにあえて今「メディアの公正中立」というベーシックなテーマを中心に語っていただきました。ワイドショーですら(むしろ「だから」?)嫌韓特集を喜々としてやってしまう状況で、「安易かつわかりやすい扇動」に乗せられない自分であるためのヒントが語られています
森達也さんのインタビューが公開されとります。
「公正中立」と「マスゴミ」の間で。フェイクニュースが蔓延するSNS時代をどう生きるか?|森達也|FINDERS @FINDERS_media〈発動したセキュリティ意識は新たな敵を探します。見つからなければ無理やりに作り出す。911の後のアメリカがまさしくそうですね。〉
「ネットで「マスゴミ」と言われますが、それは自分たちがゴミなんだと言っているに等しいです。今の日本のマスコミが三流ならば、今の日本社会も三流なんです。その三流の社会が選ぶ政治家たちも三流。この3つは常に同レベルです。」
「新聞記者」のドキュメンタリー、楽しみです
「メディアの重要な機能として、声の小さな人、弱い人、諦めかけている人の声を代弁する事」
グリーフケアの視点でもある。

@FINDERS_media
森達也の新作映画楽しみ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR