TOP > 科学・学問 > 日本におけるがんの原因 | 現在までの成果 | 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター 社会と健康研究センター

日本におけるがんの原因 | 現在までの成果 | 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター 社会と健康研究センター

20コメント 登録日時:2012-06-12 19:08 | epi.ncc.go.jpキャッシュ

―予防可能なリスク要因はがんの原因としてどの程度を占めるのか― 日本人のデータを用いて、がんの原因を推定 がんの多くは、予防可能な生活習慣や環境要因を原因とする「生活習慣病」であり、年齢とともにリスクが高まることが知られています。それぞれの臓器のがんが、どのような要因によって、どれくらい発生し...

Twitterのコメント(20)

このようなものを策定したのも原発事故を過小評価するため原子力村社会運用で「自然放射能もあるから放射線は大丈夫」的話法で原発推進してきた経済産業省や原発一基作れば何兆円と動く金に踊らされ金儲けたくらむ軍団らしい見せかけ話法にすぎないとみる。まともな科学なし。
参考資料↑

利権だらけの煙草には、陰謀とか隠蔽とか色々ありそうで大好物です🙋‍♂️

これから煙草のお話は少しずつしていきたいと思います。
@yamagori6 具体的に文献や声明、ガイドラインをお教えください👶機関の名前だけ言われても困りますよね、議論できないので証拠となるものをまずはお示しください。例えば日本の国がんでは発がん原因のリスク調査をしています。

このように書いてある場所をお示しいただければ十分です。
やっぱり具体的な事を聞くと答えて貰えないなぁ。

それともわざと「受動喫煙」じゃなくて「喫煙」って書いたのバレたのかな。



こういう資料出してくれたら反論しやすかったのに。
間接喫煙(受動喫煙)が0.2%…

日本は、何を隠しているのか。

そーする事で誰かが儲かるんだよね🦍

| 現在までの成果 | 科学的根拠に基づくがんリスク評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター 社会と健康研究センター
こちらを貼っておきますね。
「日本におけるがんの原因」
@kuwamitsuosamu ではなく、がん細胞、ですし、ググるといろいろ細かいところ出てきますけど、ざっくりしすぎとかいうことより、  こっちの方がいいかなと思いました。いろいろありそう。感染が多いっていうのびっくりしましたです。。
『>また、日本人のがんの半分以上は原因がわからないままです。この問題の解決には、がんの原因について的をしぼったさらなる研究が必要です。』 つまり明日は我が身ということです、市民。
放射線は取り上げないのか
癌はよく生活習慣病と言われているので、軽減できるリスクは軽減させたいものです。
男性では、癌の発生率の半分ぐらい、女性は30%ぐらいが、感染性因子と喫煙の”予防可能”な原因とも。
| 国立がん研究センター 『日本では男性のがんのおよそ55%は予防可能なリスク要因によるもの。一方女性では30%近く。喫煙と感染性因子がそれぞれ20%前後を占める。』
話題の文部科学省のがんの資料。参照元は国立ガンセンターの論文doi:10.1016/j.ypmed.2011.11.003。グラフは国立ガンセンターHPで掲載。全因子は掲載されていない。
まあ、そこは無茶苦茶というわけではなくて、がんの発生における生活習慣の寄与リスクは結構ある。一番大きいのは喫煙だけど。
がん研究センターの調査だとそもそもレントゲンというのが項目に入っていないのだけど、どこの調査?
によると、喫煙する人がいなくなれば癌死が23%減る。父を禁煙させよう。「大人に行動を強制すべきでない」なんて綺麗事は言わない。これ以上癌患者が出るのは困る。ましてC型肝炎経験者であり、肝臓癌のリスクが半端なく高いのだ。
日本人のがんの寄与危険割合について
男性は喫煙・感染・飲酒
女性は感染・喫煙・飲酒の順にリスクを押し上げている。
抗がん剤をの是非について考えるためにまずは「がんとはなにか」を少しググって見る。

以下、国立がん研究センターのページから...
引用:今回の研究により、生活習慣や環境の改善により、日本人のがんを減らすことが可能であるということが、改めて裏づけられました。「日本におけるがんの原因」独立行政法人国立がん研究センター
国立がん研究センターで放射能が原因の研究してくれてるのだろうか? このページの研究にはない。
最近のヒット論文② がん。日本人の2人に一人は、がんになる時代なんですね。でも、ちゃんと原因を知れば、がんの半分は防げるのだとか。気になる原因は、「タバコとウイルス」なのだそうです。研究はコチラ →
以上

記事本文: 日本におけるがんの原因 | 現在までの成果 | 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター 社会と健康研究センター

関連記事