TOP > エンタメ > 字幕は「映画の足を引っ張っている」? 「デッドプール2」翻訳者が語る職業観 : 映画ニュース - 映画.com

字幕は「映画の足を引っ張っている」? 「デッドプール2」翻訳者が語る職業観 : 映画ニュース - 映画.com

20コメント 2018-06-08 21:49  映画.com

R指定ながら全世界で大ヒットを記録した異色のヒーロー映画の続編「デッドプール2」が6月1日に公開し、前作に負けず劣らず大ヒットを飛ばしている。その裏で、知恵を絞りに絞った人がいる。ふんだんに盛り込まれ...

ツイッターのコメント(20)

過去記事ですが、言語の壁越えて作品を楽しまさせてくれる人たちにも感謝っす🙏
ダジャレの下りほんとそうだと思うしダジャレやジョークはめちゃくちゃ難しい…
「デットプール2」、字幕を担当されたのは松崎広幸氏のインタビュー記事を紹介するべきした。すいません。
こういう話すき(まだ映画観てないけど
“フォックス社内でフルチンが多数なので今回はフルチンで” / “ - 映画.com”
松崎さんの字幕は時に目を見張るほどセンスに富んだもの、綺麗なものが見受けられる優秀な翻訳家だけど、確かに『足を引っ張』る例が多い。翻訳家自身がこれを話してくれることは苦しいだろうけど、素晴らしいこと。
以下の記事を読んでから行って、「いやいや謙遜してらっしゃるけど、すげーな、字幕うまくまとめてて巧いな~」と思いました……『 「デッドプール2」翻訳者が語る職業観』
確かにダジャレやパロディをどう伝えるか…大変な職業だ……
笑えたんだから立派な仕事ぶりだよな、と感心しながら読んでたら、最後で思わず吹き出したw いいインタビュー記事w / “ - …”
「 謙遜もあるんだろうけど、「ほかの国の言葉を日本語に移すということ自体が、無理なことだと思うんです」って言葉が大嫌い。明治の人たちの努力があるからこそ、うちらは日本語で高等教育受けられるのに。
なんであそこでチゲ鍋が出てくるんだと思ってたけどそういうことだったのか
大変そう^^;
「大切なのは「ダジャレ自体が面白いネタかどうかではなく、“これはダジャレです”ということが見ている人にわかっていただけること」であり、それが言語を超える上での「限界だと思います」と話す」
このインタビュー記事めっっちゃ面白い、めっちゃ面白いので是非読んでほしい
チゲ鍋の部分他の人ならどう訳すのだろうか…気になる…(`・ω・´)
映画見ながら『そこ、何でそんな訳にしたんだ?』って所がちょくちょくあったけど納得した
こういう意訳には誰も文句をつけない。良い字幕をありがとうございます。
みんなが文句つけたのは例えばなっち…ゲフンゲフン…。
英語を分かる方が洋画を楽しめるよなとは思う。
フルチンにするか、
フリチンにするか、
これは重大な問題だよ。
勉強になります
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR