華氏119 : 作品情報 - 映画.com

16コメント 2018-11-02 16:53 映画.com

華氏119の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。アメリカの銃社会に風穴を開けた「ボウリング・フォー・コロンバイン」や医療問題を取り上げた「シッコ」など、巨大な権力...

ツイッターのコメント(16)

「華氏119」を鑑賞。
今回のアメリカ大統領選挙を見て、ふと思い出し見直した。
もう民主主義の崩壊と言うか、民主主義の嘘と言うか、選挙の公正さとか、机上の空論なのかなと感じさせる。それは日本でも同じ。
やはり、自分の人生、自分で守るという覚悟が必要なのだろう!。
映画「 」Mムーアの華氏911と対をなす作品、米国の病理を暴く手法はコロンバインしか見ていない私には衝撃的、誇張されているかもしれぬが、実際に起きた事件・事象が元になっているからいたたまれない気分になる
関係ないけどマイケル・ムーア監督の作品に「華氏119」って映画があったっけ。
さらにムーア氏はトランプ大統領が2020年に再選される可能性にまで言及した。米国はなぜ、こんな状況になってしまったのか、そしてこれからどうなるのか。
選挙の勝ち方を心得ている「悪の天才」
 2016年の大統領選で、トランプ候補は得票数で約290万票も下回ったが勝利
ミシガン州の知事にゲートウェイのえらいさんで州を会社のように支配し始めたのがフリントの悲劇の始まり。
何もないのに町を緊急事態の管理下にして自由を奪い、民族浄化と映画では言ってた。最貧の街だから。
日本もこういう似たような例があるよね。
観た!マイケルムーアの映画はいつも面白い!あめりかこわい
なお、主要政党の「妥協」のし過ぎ、もしくは失敗(との批判)については 現在、日本公開中のこちらをどうぞ…!(*´ω`*)
「華氏119」にCheck-inしました。 なぜトランプ元大統領は当選したのか。不思議に思うなら見てみるのがいい。それは彼のせいでもあるが、それ以外のせいでもある。この間の中間選挙の結果も踏まえ見てみると楽しい。
今日の鑑賞映画。
自分が何をすべきかもっと考えなきゃいけないと思った。
はてさて、何ができるか。
#映画メモ
この映画🎬が上映されたら、トランプの息の根が止まるとか、言っていたが、『フェイク映画』だったな🤣
オバマも同様に批判しているところは評価出来るがトランプをヒットラーとなぞらえるところは短絡的。全体的に印象操作がひどいかな。中国やマスコミと戦うトランプも客観的に評価すべし。
本日ラストの3本目「華氏119」観るよー。
「華氏119」を見た。

米国民大半が左派というのはデモ映像が物語る。
もう少しトランプの裏側が描かれてると思ったけど、必見なのは確か>
「菓氏119」を観てきた
ドキュメンタリー映画は初めてだが、いまのアメリカを毒舌とユーモアを混ぜながら、解りやすくみせてくれた
以上
本文を読む:華氏119 : 作品情報 - 映画.com
 
PR
PR