TOP > その他のニュース > 菅首相の長男が接待した山田内閣広報官の裏の顔 更迭された総務省幹部の後任は夫 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

菅首相の長男が接待した山田内閣広報官の裏の顔 更迭された総務省幹部の後任は夫 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

119コメント 2021-02-23 13:54  dot.(ドット)

 菅義偉首相の長男、菅正剛氏が務める放送関連会社「東北新社」から総務省幹部が接待を受けていた問題が、底なし沼のようになってきた。  発覚した接待は計38件、接待された幹部、職員らは...

ツイッターのコメント(119)

2021.2.23*菅首相の長男が接待した山田内閣広報官、更迭された総務省幹部の後任は夫◆

山田氏が正剛氏らと会食した当時は総務審議官在任中。

山田氏は首相会見の司会、仕切り役を務め、菅首相へ厳しい質問が飛ぶと「次の日程」などを理由に、会見を強引に打ち切っていた…
「更迭された秋本芳徳情報流通行政局長の後任となった吉田博史総括審議官は、皮肉にも山田氏の夫だという」
息子も権力って面白いねって言ってるのかな。苦笑
菅首相長男への批判記事で朝日が女性差別的表現を掲載してこっそり修正する墓穴掘り案件が発生
「 更迭された総務省幹部の後任は夫」

公助、公助、公助、スガの周りは公助三昧。
長年の #歪な政治主導 がもたらした #行政のモラルハザード…起こるべきして起きた"不祥事"(多分 他にも)…長男を利害関係会社へ…弟をJR子会社の役員へ…#菅義偉 氏の倫理観が問われる
「美人内閣広報官」をサイレント修正する朝日
「修正した形跡を残さない」やり口で役所の文書改竄問題を追及する資格はあるのか
更迭された後任が接待受けてた奴の旦那って…夫婦で無関係と言われればそれまでだが…
ってかこういうとき、肝心の河野太郎は何してるの?空気かよ笑
ご昇格おめでとうございます
やっぱりオイシイ人事だったんですね。

 更迭された総務省幹部の後任は"夫"
既にして
これは贈収賄事件だろう
総理の長男による総務省疑獄 公彦

>
山田内閣広報官の夫は吉田某、ふうん、旧姓を通称にしてるんだ。。
山田の他に女性広報官がいるのかと思った。
菅の如き「下賤、低劣、愚妹、無教養」の輩にいかなる権限も与えてはいけないという教訓の見本が今回の“菅汚職”だ。
『何時の時代の?』と思うほどに低次元で腐った癒着ぶり。腐敗臭がひどいひどい!
なんだかいろいろ出てくる。
美人かどうかはどうでもよくて、記憶喪失秋山の後釜が山田の夫て。:
この美人とついてるがこれって女性差別じゃないのか?
褒めてるからいいのか?
逆にブスとついていたら女性差別なんだろうけど。
これは桜を見る会のような大規模な買収ではない。桜の会は税金を使った買収でありそちらのほうが悪質

確かに安倍内閣以前から総務省に睨みを効かせていた菅義偉のJrが総務官僚を接待するのは、梨下で冠を正しまくってますね

実際にソフトな贈賄かもしれんけどね
記事には「美人内閣広報官」なんて言葉はない。
もうさ、女性を美醜で形容するような見出し付けるのはやめようよ。せっかくの記事が台無しだと思う。森さんのことで散々女性蔑視とか書いてたのに、これはないよ😔。
「美人広報官」なんて森さんあたりが言ったら、発言撤回して謝罪しても許さないんだろうな
菅義偉首相の長男、菅正剛氏が務める放送関連会社「東北新社」から総務省幹部が接待を受けていた問題が、底なし沼のようになってきた……詳細はリンクから👇️
この手の話で一番アホらしいのが

〝『総理の長男が来るのに、断るなんてできるわけない』と明確に言っていた。それが本音です〟

なんだよな。
欲しいものがあれば人を殺すのか?
でも下のリンクの見出しはかわらない
「菅首相は総務省の族議員ですよ。だから、首相になってすぐに携帯電話の料金を下げろとか、恫喝のようなことが言えた。総務省も従わざるを得なかった。そんな中、長男の総務省接待疑惑が浮上。接待を受けた官僚が増え、金額も大きくなり、贈収賄事件にも発展し
美人~。森会長と同じだよ。謝罪だけでは、済まないよ。
「菅首相の長男、正剛氏が参加するという会合があれば、そりゃ、断れません。問題になっている13人のうちの1人と話したが、『総理の長男が来るのに、断るなんてできるわけない』と明確に言っていた。それが本音です」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
アカ日の異名を誇りを持っていたのはいつの日か。
アエラ、週刊朝日とアサヒ芸能の区別がつかなくなって来てる件
"美人"を付け加える日本の報道機関こそ差別の温床かと。男性の場合は何ていうのかな?😂>>>
忽然と消えた「美人」
「美人内閣広報官」。見出しに「美人」と書いて「裏の顔」と続けばビューがざくざく稼げると思ったデスクの顔が見たい。いや、顔は見たくないから代わりに報道メディアとしての見識を聞かせてほしい。猫の日の猫の爪研ぎにもならぬチープな新聞紙
★ (AERAdot.)

記事とは関係ないのですが、どの様な基準で見出しに「美人」とつけておられるのか。
呆れた。いまどき「美人〇〇」なんて見出しにOKが出るのか、朝日新聞社は。2時間サスペンスドラマでもあるまいに。否、そういった娯楽番組でも昨今は避けるようになってきているというのに。
「美人」という誤報且つ不必要な形容
本文のどこにも「美人」という単語が出てこないし、そもそもこの見出しはルッキズムとやらではないの?知らんけど(鼻ホジ)

 更迭された総務省幹部の後任は夫(週刊朝日)
秋本以下他の総務省男性幹部は容姿について記事でいちいち触れたりしないのに、山田内閣広報官だけ女性だからと言って見出しに美人広報官とつける。そういうところだぞ。メディアも先日来の森喜朗から二階に至る問題から何も学んでない。
朝日新聞社の週刊朝日クオリティ。公務員の接待問題に、なぜか美人という言葉を使う意識の低さ。女性であること、は何か関係あるのか?美醜が関係あるのか? 森元総理並みだな。
夫は妻とは「別人格」と?
森発言を批判しておきながら平気で"美人"という言葉を見出しに使ってしまう朝日の皆さん
「問題になっている13人のうちの1人と話したが、『総理の長男が来るのに、断るなんてできるわけない』と明確に言っていた。それが本音です」

➡️正に“本音”なのだろう❗
74000円どんな接待か知りたい。
どんな人を美人と称しているか気になった。
「 

更迭された総務省幹部の後任は山田真貴子氏の夫!」

今回の不祥事の反省は本当に生かされるのか?
なんでや!容姿は関係ないやろ!
データを見ると、この記事は4000share/likeされてるが、ほとんどが「美人」という見出しへの批判。CTRを上げるために煽り見出しを使い、メディアの根幹である信頼とコア読者を失う事例。
美人内閣広報官って74000円接待のオバチャンの事なんだけど、何で「美人」付けるんだ?褒め殺し?

それと接待オバチャンは山田姓だが、夫は吉田姓
夫婦別姓反対な自民党政権の広報官なのに何で別姓で仕事出来るのかな?内縁関係か?
官僚の一人は(総務省の族議員で、人事を武器としている最強の)『総理の長男が来るのに、断るなんてできるわけない』と明確に語っている

…これが今回の事件の全てだ

 更迭された総務省幹部の後任は夫〈週刊朝日〉|AERA dot.
朝日新聞出版でさえ、この見出し。本当に美人かどうかはさておいて、必要か?もうやめろよ。少なくとも60歳超えたおばちゃんに使う言葉じゃない。なんて言ったら怒られるよねw ええ、わざとやりましたwww
2021.2.23 13:20 週刊朝日オンライン限定記事
もっと見る (残り約69件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR