TOP > その他のニュース > 「大阪維新の会」吉村新代表に対し、早くも不協和音 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

「大阪維新の会」吉村新代表に対し、早くも不協和音 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

31コメント 2020-11-21 19:56  dot.(ドット)

「大阪都構想」の住民投票否決を受け、「大阪維新の会」は11月21日、大阪市長の松井一郎代表の辞任に伴う初の党代表選を実施。代表代行だった吉村洋文大阪府知事が新代表に選出された。  代表選は大阪市内のホ...

ツイッターのコメント(31)

組織内でもトップダウン。大阪維新では吉村氏に対する不信感も根強く、不満を持つ議員は多い。また維新は何事もトップダウン。上から急に降ってきてそれに従えという体育会系だという。
朝日はそうなって欲しい思っている記事(笑)。
この党はハシモトさんがいないと成り立たないよ。
「吉村氏は大阪都構想を間違いだったと記者会見で認めた。間違ったことをやらされたのかと、不満を持つ議員は多い。」

馬鹿議員は要らんなぁ~
賛成多数とならなかった事を以って「維新として正しい提案と信じていたが、間違いだった」それくらいの事は外からでも分かる。
虚像で票を集めようとするから間違えた政策を掲げてしまうんですよね。政治なんて地味で地道なモノなのに。
それに気付いたのなら、少しでも早く抜けられるのが良いのではないか?と思いますです。まぁ、各自のお考え次第ではありますけれど。
もう団結しなくていいので
府民のため、国民のための意思決定をお願いします
責任を取って辞めるべき奴が新代表とか、どんだけ腐った組織やねんと思う。
勝手に言うたらええけれども、「(都構想について)間違ったことをやらされたのか」という認識になる程度の住民投票運動しかしてない議員もいたという事。都構想の運動をやら「される」って、それ命懸けで戦っていた松井さん吉村さん支持者の前で言えるの?
これが維新。
このままバラバラになって消えてくれた方がいいと思う。
「看板政策はありません。どうやって注目を集めるか? 大阪都構想の3度目の挑戦くらいしか、党勢を保つことはできないと思う」
「吉村氏は大阪都構想を間違いだったと記者会見で認めた。間違ったことをやらされたのかと、不満を持つ議員は多い。」
吉村ではまとまらない。
大阪維新の会の地方議員に聞いた、という不思議な言い回し、産経の記事とだいぶ違う内容。

いつものアレですかね。
NHKが軍艦島の企画でやった嘘インタビューの類?
同会議員「大阪都構想の1度目の否決の時に、どうやって党を存続させるかとなり、結局はもう一度、大阪都構想の住民投票となった。看板政策はない。大阪都構想の3度目の挑戦くらいしか、党勢を保つことはできないと思う」
アドバルーンで政治をするのではなく、地道やってはどうですか?
期待はせんけど。
維新はさっさと消え失せろ!
「松井という大きな看板」
…看板やったんや 笑。
役者が
だんだん
力不足の小粒になってきたと言う事です
外から見ていての感覚だが文句言ってるのは維新の名前有れば選挙通ると思って入った人の様に思う。大阪維新の会って政党ではないように思うし。

考え方なんて基本バラバラやけど、大阪を良くする為に切磋琢磨してるだけでそれ以外なら政治家なんてしない人が多い気がする。
しょうもない記事やね
国民のためにも是非このままフェードアウトして頂ければ幸いです。
いやいや、バラバラになってしまえよ。
何も無くなったんだから。🤷
吉村氏「維新は危機にある。バラバラにならないように団結を」。

いやもうバラバラになってくれ。
ワン大阪などと吠えている間に大阪はどんどん疲弊していく。
維新の連中はおそらく
麻雀やポーカー弱いと思うぜ。

有能な戦略家(軍師)が皆無。
今の時期、大阪市廃止の住民投票は
悪手以外の何物でもない。

今は住民投票を凍結してまで
コロナ対策に全力投球し
その実績を元に
有利な流れを作った上で
住民投票をやるべきだった。
>維新は何事もトップダウン。上から急に降ってきてそれに従えという体育会系です。
誰がいつ言ったか?記載が無いのは推測記事、願望記事、妄想記事(笑)
維新は、報道や情報発信の信頼性のガイドラインを出すべきだよ。それに照らしてマスメディアを攻撃すべき!
どうぞどうぞ。お好きなだけやってください。
こんな事言うてる議員さんが、ほんまにいてるんかなぁ?住民投票も不正がなければ可決になってたかもやのに。他の党なんてそもそも看板政策なんかないのにね!酷い記事やなぁ!
大阪維新の会の地方議員がこういう。(前出・大阪維新の会の地方議員)(前出の議員)
結局この地方議員ひとりの意見。
なにこれ?
芸能界でも何でもいいから他所に行ってくれ。
今すぐ解党して、政界から消えてくれ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR