TOP > その他のニュース > 大阪都構想で自民と公明決裂 結果次第で「落選運動をやる」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

大阪都構想で自民と公明決裂 結果次第で「落選運動をやる」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

11コメント 2020-10-08 08:59  dot.(ドット)

 1999年10月に自民と公明の連立政権ができてから21年。苦楽をともにした両党の関係に深刻な危機が訪れている。 対立のきっかけは、大阪維新の会が推進する大阪都構想だ。都構想は大阪市を廃止し、四つの特...

ツイッターのコメント(11)

@ytsuji2001 都構想か可決されれば維新支持者の多くは自民の意味不明な
「落選運動」から公明を守ろうとすると思います。

一緒に頑張りましょう💪
仁義なき戦い状態
いいぞ~~~♥
盛り上がろうよ!落選運動♥
落ちろ!おちろ!落ちろ~~~!
大阪市を廃止する・なくす (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
公明党は自民からも怒られ、維新からは脅されて右往左往、支持母体の創価学会をも二分して自業自得四面楚歌。
大阪市を潰すより、維新の会を潰した方が大阪の為になる!間違いない!
大阪自民は財政よりも選挙区の方が大事なのだろう!一度バッジを外せよ!
自民党は利権が関係するので大阪都構想に反対なのかもしれまんね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR