TOP > その他のニュース > モテテク指南の女児向け雑誌が密かに炎上 専門家が語る男を立てる「さしすせそ」の問題点 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

モテテク指南の女児向け雑誌が密かに炎上 専門家が語る男を立てる「さしすせそ」の問題点 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

 ある女児向け雑誌が、ツイッター上で炎上した。 話題になっているのは『おしゃカワ!ビューティー大じてん』。表紙にはアニメ調の女の子がポーズを決め、「クラスで気になる女の子」の文字が躍る。「ナミダぶくろ......

ツイッターのコメント(28)

今更?
『anan』なんて毎号、そういう内容ですが…
<男を立てる「さしすせそ」 こんなことを小学生に教えるなんて…。男子に見た目を評価されることを当然の前提とし、ピュアさ、聞き・褒め上手がモテのポイントと…。

従順な女子を育てようとする。女子に、自分のことを大切にできなくさせる雑誌だ。>
女の子が自分のためにきれいになりたいかっこよくなりたいと思うことはいいんだよね
■ 「日本では男性に喜ばれるため、男性に選ばれるためにするものというような価値観がいまだに残っています。それは当たり前のことではないんだよと教えなくてはいけないはずです」「雌に選ばれるため努力し強くなろうとする雄」は人間世界にはない。
「オシャレやメイクはモテるために必要なこととすり込み、従順な女子を育てようとする。女子に、自分のことを大切にできなくさせる」
実際に(敢えて悪意をもった言葉を使うと)媚びて寄生して生きていく道を選ぶ人も多いけど
其方の方々とは相容れないんだろうなぁ
この顔は間違いなくあちらのお方だろうな
化粧は本来、病気を媒介にする虫を除けるためにやったり、特権階級が外仕事をしていない肌を演出したりするためにやっていたもので、女が男に喜ばれるためにしたものではないよなーってのが気になって内容が頭に入ってこなかった。
>仁藤さんはこういった雑誌を目にした女児が、「本当はこうありたい」という自分の意志を大事にすることができず、自信をなくしてしまうことを危惧する。

危惧する、とかいう便利ワード

「こうなって欲しくない」を発信することもやってることは同じだと思うんですけど。
「冒頭の雑誌を2年前に発行した成美堂出版は『話題になっていることはまったく知りませんでした。でも、他社さんにもこういった本はたくさんあると思うので……』(担当者)と戸惑いを隠さない。」←記事中の出版社のコメントに問題の根深さを知るなど😔
仁藤夢乃さん、これも「押し付け」じゃありませんか?「ファションリーダー」だって駄目になるし、「こう言うと相手は嬉しい」という思いやりだって無くなるぞ
「モテテク」とやらは自分の利益になるべく男を動かすためにあるのでは?女はなかなかしたたかよん♪
「冒頭の雑誌を2年前に発行した成美堂出版は「話題になっていることはまったく知りませんでした。でも、他社さんにもこういった本はたくさんあると思うので……」」

他社がどうかの問題ではなくて、成美堂は批判を受けてどうするのか聞いてんのに。
日本の男尊女卑の根深さをが判る。先ず女性がもっと自を主張するようになる必要があると思う。
@ryoma_v2 このモテテクの本が炎上させられてるのもそういうところに繋がっているのでしょうね。
当たり屋にやられたんだな。
「男性に従順に従って選ばれる存在になることが女の子として大事です、…こうした男性上位の考え方は問題ですし、そもそも男性に選ばれる必要なんてないし、女性が選ぶことだってある」
2年前の雑誌も今引っ張り出してくると燃えるんだねぇ…
まあ、その頃からうるさくなってきた頃だとは思うけど…
「大人が発信するメッセージに問題があると、子どもに深刻な影響を与えてしまう」一般社団法人「Colabo」代表 仁藤夢乃さんコメント
発行した成美堂出版は「話題になっていることはまったく知りませんでした。でも、他社さんにもこういった本はたくさんあると思うので……」(担当者)

その程度の意識で本作ってんのね…
なんだ、単なる勘違いファミニストか。
取材に応じました。

日本は人権後進国で、女子は男性に従順に従って選ばれる存在になることが大事、男性に喜ばれる、男を立てる振る舞いが必要というような価値観がいまだに残っていますが、これは女性蔑視ですし、そんなことを子どもたちに教えたくないです。
まだ燃やし足りないのか・・・
志村けんの「さしすせそ」を知らず、歌舞伎町に若い女の子を集めメイクさせコンドームを渡しホストに食わせるのはOK、仕方ないよねという専門家か…

〈週刊朝日〉
そんな目くじら立てることですかね。今は女性も強い時代だと誰もがわかってます。だからこそ、少し受け身?下手?な姿勢で人と向き合うという視点も知ってもいいのでは。
〈成美堂出版は「話題になっていることはまったく知りませんでした。でも、他社さんにもこういった本はたくさんあると思うので……」〉
ピンチをチャンスにしてはどうだろう。「他社もやってるもの」ではなく、性的役割から自由かつオシャレな少女が育つを本気で作るとか。
以上
 

いま話題のニュース

PR