TOP > その他のニュース > 尾木ママが「9月新学期」と小学生「留年」解禁を提言 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

尾木ママが「9月新学期」と小学生「留年」解禁を提言 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

 政府が本格的な検討作業に入った「9月入学」。教育評論家の尾木直樹さんが、専門家の視点から持論を展開する。*  *  * 全国のあらゆる学校で休校が続いています。教育現場では、児童・生徒らに教科書やプ......

ツイッターのコメント(16)

ぶっ飛んでるな
今考えるには急ハンドルだ

ただ留置で自分の能力がわかり自分に合った課題について緊張感を持って前向きに取り組めますね

6年生でカタカナが読めない子がいるが、自分に合った学習をするのが大切だし、保護者の理解も必要

インクルージブとセットで考えたい
>小学校でも4年生を2回する留年をしてもいい。わかるまで学ぶ、深く理解する。そのためなら留年は恥ずかしいことではないのです。

教育の専門家の意見らしい。。
何これ?尾木ママが言ってるの?それとも週刊朝日の鮎川さんが言ってるの?
今考える内容じゃない。
イエナ・プランの考え方をとり入れることには同意するが、留年は子どもに劣等感を植えつけたりいじめの原因になり精神的な負担にもなる可能性があり同意しない。
小学校から留年制度を入れるなら、飛び級も入れてほしい。
年齢で卒業していく、学んでいない子の存在がじっくり取り組めるなら、いいのではないだろうか。#留年制度

お願いします!
文科省の方々、真剣に考えて下さい。
珍しく意見が合った 笑
留年より飛び級をもっと進めた方が良い。できる子がもっと前に進む教育を希望。正直今のできない子ってこれ以上時間かけて本当にできるようになるのかな。なんか根本的な別の問題を抱えてるとしか思えない。
萩生田大臣はこれ読んだのかな
これまで抽象的な発言しか無かった尾木ママが、ここに来て「留年」というキーワードを表明。これは、9月入学を語るリスク&リターン。1学年が1.4倍に増える事態に留年や浪人をどこまで許容できるか、支持者に問われる。
イエナプラン教育日本の公立にも是非取り入れて欲しい。できる子もできない子にとってもいい。年齢で区切る教育制度はオワコン。
大賛成‼️
無かったことに。
以上
 

いま話題のニュース

PR