TOP > その他のニュース > モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣” (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣” (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

11コメント 登録日時:2019-04-17 13:10 | dot.(ドット)キャッシュ

 人気アニメ「ルパン三世」の原作者で、漫画家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが11日、誤嚥性肺炎のため死去した。81歳だった。 1967年に「漫画アクション」で連載が開始された「ルパン三世」は......

Twitterのコメント(11)

ガンではなく誤嚥性の肺炎で亡くなってしまったのか、恐ろしい。自分も気を付けないと。
朝日の孫引き情報ながら、参考になったリンクの最後にあった誤嚥予防
(3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
対策だけはしっかり記憶したい。
「せきがいつもより長引いたり、体も重たく感じたら、誤嚥性肺炎の可能性があります」
表題はパンチ氏となっていたから、パンチ佐藤の事かと思った。
カリオストロの城はもう40年前なのですね。ご冥福をお祈り申し上げます
やっぱ ルパンって言ったら 荒々しいタッチの 漫画のイメージなんだよな・・・ まだ子供だったし 床屋とかでドキドキコソコソしながら アクションのページ捲ってた(笑)
ルパンの生みの親がお亡くなりに...ショック大きい...心よりご冥福をお祈りします。。
テクノロジーで詰まらせたと妄想してみる。

(1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
これは、高齢の親を持つその子息は留意すべき話でしょう。我らテレビっ子世代の習慣である「テレビみながら朝食・昼食・夕食」は改めるべき時かも。>
以上

記事本文: モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣” (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

関連記事