TOP > その他のニュース > 紀州のドン・ファン怪死事件 和歌山県警が追う消えた2億円と55歳年下、新妻の代表取締役就任の謎 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

紀州のドン・ファン怪死事件 和歌山県警が追う消えた2億円と55歳年下、新妻の代表取締役就任の謎 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

12コメント 登録日時:2018-12-15 14:33 | dot.(ドット)キャッシュ

 平成最後となる今年5月、「紀州のドン・ファン」として知られた資産家、野崎幸助さん(享年77)が覚せい剤過剰摂取により謎の死を遂げた事件は、ワイドショーを釘付にし、そのミステリーの謎解きにお茶の間は夢......

ツイッターのコメント(12)

一番怪しいのは妻なんだけど、だからなんで捕まらないんだろうてゆう
紀州のドンファン事件。。。年越しへ。。。 →
社長が誰なのかよりも、株主が誰なのかが重要だけどねー😉

会社や相続のお金を新妻が全てモノにするなんて、なんともすっぱい話だねー😜
・ファン怪死事件  和歌山県警の捜査能力の低さが心配です。事件そのものは興味ない。
こんな簡単な事件で和歌山県警がしている事は時間稼ぎだろう、こういう場合は裏に闇組織があるのが常だ。県警は弱みを握られている可能性がある。推測で捜査してどうする?
杉下さーん!出番ですよ!
紀州のドン・ファン怪死 県警が追う消えた2億円と新妻の代表取締役就任の謎
嫁のバックに誰かいそう…
一時話題になったが、急に聞かなくなったニュース
妻が怪しすぎる件
和歌山県警が追う消えた2億円と55歳年下の新妻の代表取締役就任の謎
以上

記事本文: 紀州のドン・ファン怪死事件 和歌山県警が追う消えた2億円と55歳年下、新妻の代表取締役就任の謎 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

関連記事