TOP > その他のニュース > 田原総一朗「月刊誌の『朝日新聞批判』が毎月のように続く理由」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

田原総一朗「月刊誌の『朝日新聞批判』が毎月のように続く理由」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

29コメント 登録日時:2018-03-08 08:09 | dot.(ドット)キャッシュ

 ジャーナリストの田原総一朗氏は、メディアの「朝日新聞批判」の訳を説く。*  *  *「月刊Hanada」や「月刊WiLL」などの雑誌が毎月のように朝日新聞攻撃の大特集を展開している。もちろん言論、表......

Twitterのコメント(29)

前提が間違っているのか思い込み100%という田原さん。
朝日新聞は左派のポピュリズムの代表だから。
「つまり朝日新聞批判を目玉にすると雑誌が売れるということなのだろう。」

明らかに平和より争いごとを好む日本人。
島だから相手が攻め入るまでは横柄でいられるw
ちゃんちゃんばらばらやーやー我こそはー!
センセイ、政局論ではない分析が聞きたいす。つうか、なぜ売れるのか、なぜ読者が求めるのか、理由が知りたいす
「与党支持者が支持率回復の為に朝日新聞を攻撃し始めた!」のではなく「言いがかりで支持率を下げるのに失敗した朝日新聞が批判されている」という話。
朝日と一心同体の老害
WGIPを勉強してから出直して
森友・加計疑惑で安倍内閣の支持率が落ちたから朝日新聞批判を大きく報じ始めたというよりは、ただ単に朝日新聞の報道内容が極めて不適切であったから批判を受けているだけではないでしょうか
アホ産経一派と朝日が議論してもしゃ〜あんめ〜、相手がアホうなんだから(呆)→
こんなボンクラな年寄りにゃなりたくないねぇ。
選挙で国民に選ばれた訳でもない癖に、自分こそが民意とばかりに、戦後自虐思想を好き放題に撒き散らし他挙句、自国の利益や名誉を貶めまくってるから批判されるだけ、いつまでも被害者面すんな
戦前からずーっと「嘘の新聞」だって事がバレたからだって!
「朝日新聞はなぜ、自分たちを攻撃し続ける小川榮太郎氏や櫻井よしこ氏と論争しないのか。論争に自信がないはずはないだろうに。 」マトモやん(笑笑)
>>>今のこの書き換え問題はどうなると思う?
こう言う的外れな見解を見ると、永遠に批判されている理由はわからないんでしょうね
「朝日批判」を批判してるのが誰かってぇと朝日じゃん
これを読んで分かったこと▶︎アカヒが自分たちが批判されてる理由が分かってないってこと アホだ
田原総一朗曰く、(敗者としての責任)?私には意味不明なのですが何方か判る御方がいらっしゃればご教示頂けませんか?戦争に敗ければ不正義であるから?
毎月のように朝日が「やらかしている」からこうなってるだけで、じいちゃんの被害妄想ベースで語られても意味ないよなぁ、と( ̄▽ ̄;)
嘘か、中国と韓国寄りの記事しか書かないからじゃないの?
そもそも敗者の自覚はない人がほとんどな気がする。経験してないものをどう自覚しろと。
田原総一朗さんの記事、注目ポイント⚠️はここです!

〈一つ気になることがある。朝日新聞はなぜ、自分たちを攻撃し続ける小川榮太郎氏や櫻井よしこ氏と論争しないのか。論争に自信がないはずはないだろうに〉
小川榮太郎だの、櫻井よし子だの、カルトを相手にしてもしょうがないと朝日は思ってるのでは。
敗者としての責任?アジア各地で侵略を繰り広げ2000万人にも及ぶ犠牲者を出した責任。勝者なら許されたのかと…ここを履き違えたら、ウヨ雑誌と同じ土俵。
「朝日新聞はなぜ、自分たちを攻撃し続ける小川榮太郎氏や櫻井よしこ氏と論争しないのか」。この部分だけは正しい。 @
いや、目新しいネタを割と頻繁に投下していると思う。朝日新聞は…。>「それほど新しい展開はないにもかかわらずだ。」>
以上

記事本文: 田原総一朗「月刊誌の『朝日新聞批判』が毎月のように続く理由」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

関連記事