TOP > その他のニュース > 国立大も「限界業界」に 教授100人分の人件費削減も… (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

国立大も「限界業界」に 教授100人分の人件費削減も… (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

34コメント 登録日時:2018-03-02 08:16 | dot.(ドット)キャッシュ

 韓国や中国勢の躍進が著しい電機・ハイテク関連業界や、安定した業界と見られていた金融界にもリストラの嵐が吹き荒れる。 エリートが集まった銀行業界のみならず、学校法人でも人員リストラは避けられない。大学......

Twitterのコメント(34)

2018年の記事だが2021年に達成予定。酷い。
限界業界ってコトバがあるんですね。なんだか、私の愛するものの多くはその「限界業界」とやらに根ざしている気がしてきました。さて、何ができるかしら。 / “ (アエラドット)”
国立も散々たる状況です。日本の教育は国公私立とわず遅かれ早かれ焼け野原になるでしょう。
全くこの通りの状況ですね。
地方国立大学をバカにするのもいい加減にしろよと。某大学の獣医学部に多大な補助金をつぎ込む一方で、地方国立大の補助金は削減なんてこんな馬鹿な話があるか。
「大学教授も柔軟な姿勢で民間企業などに転職できないと失業する可能性がある」みたいな話って会話の中に混ぜても話題そらされることが多い気がする
北大だと分かりにくい写真なのはなぜに?まあ、教員数の削減は避けられないし、専攻の整理統合も致し方ないか…
海外への資金移動や米国の武器購入など減らせる予算もあるのになあ・・・。
こんな建物あったかな?箱物にはすぐに予算が付くのか?教育をビジネス感覚でやるべきではない。
国立大学まで斜陽産業に仲間入りじゃ、この国の将来はどうなるの?政治を抜本的に変える必要が有るが、それには国民の政治意識の高まりが必須!どうすりゃいいかな?
幸い安定した職にありつけたけど、それ無かったら今頃どうなってたかな…。

「北大は一昨年の前総長時代、教員人件費の大幅削減を含む中期計画を打ち出した。21年度までに約2千人いる教員の人件費を14.4%削減する。」
:これって、アベによる『加計学園にだけ優遇』のメチャクチャなヒイキではないのか??
怪しげな学校法人に総理のお友達とやらで大金がつぎ込まれる一方で・・・
過去記事をメモ

「山口県下関市の梅光学院大学は16年4月に赤字体質で教員の給与や退職金などを引き下げ、これを無効と主張する教授ら10人が昨秋提訴し係争中だ」
〈定員割れが続き運営が立ちゆかず、閉校せざるを得ない私大が相次ぐのは時間の問題とみられている〉

〈週刊朝日〉
50代半ばの新聞社の人が「2年ぐらい前なら大学教授に転職できたけど、今は無理」と言っておりました。
明日は我が身…。>大学を閉校しても職員は系列校への配置転換ですむ。だが、大学教員は別だ。高校、中学校は教員免許を要し、免許のない大学教員は系列校で引き受けられない /
「定員割れが続き運営が立ちゆかず、閉校せざるを得ない私大が相次ぐのは時間の問題とみられている。大学教授も柔軟な姿勢で民間企業などに転職できないと失業する可能性がある。」
Fランク大学の整理より、まともに論文も書かない教授・新聞社の天下りやワイドショーコメンテーターと云ったFランク教授を根こそぎ解雇すれば、少しは経営が改善するんじゃない。
北大の事例も出て来るが、少子化と定員割れの財務省的観点が支配的で、結局大学教員の民間転向不能性に責任をおっかぶせる浅薄なジャーナリズムだね。大学の衰退経由で迫りくる知性の底割れが自分の新聞業界の首を絞めることなど思いも寄らぬのか。
やはりこのタイトルだと弊社の話になりますよね
「大学教授も柔軟な姿勢で民間企業などに転職できないと失業する可能性がある」
またーり国大事務職▼
リストラと言えば新大、新大といえばリストラだけど、今度の北大も酷いもんだな。
定員割れしていない国立大学でも運営は厳しいが、より深刻なのは私立大学だ。私大は大学全体の8割を占め、うち4割ぐらいで定員割れ。
↑少子化なので定員割れは仕方がない。人気のない大学は淘汰されるべき。
地方の活性化には、地方の国立大学の充実は欠かせないと思うのだが。。何をしたいのか。。
みてるかも: -
何を今更感が満載である。
エリートが多かろうが少なかろうが付加価値と縁遠い銀行業界が廃れるのは自然の流れ。一方、大学の問題は国の将来に関わる政治・行政の問題ではないのか。
このへんがメディアの限界。誰でも言えるわこんなこと。>大学教授も柔軟な姿勢で民間企業などに転職できないと失業する可能性がある/
以上

記事本文: 国立大も「限界業界」に 教授100人分の人件費削減も… (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

関連記事