TOP > その他のニュース > 子どもに絶対言ってはいけない「全否定3要素」 (1/3) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

子どもに絶対言ってはいけない「全否定3要素」 (1/3) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

19コメント 登録日時:2019-07-03 12:24 | dot.(ドット)キャッシュ

たった一言が何十年も子どもを苦しめる事実●何十年経っても忘れられない一言 私は、小学生のときに先生に言われた言葉で、忘れられない一言があります。ある日の授業で、先生が出した問題に私が手を挙げて答えたと......

Twitterのコメント(19)

言ってはならない言葉は確かにあるけど、それまでのプロセスやその後のフォローで軽減できる事も多々あると思うんだ。結局は「その一言」に集約されてるだけで、言わないからと根本的な解決にはならない。
これは私も頻繁に言われてきた。現在でも言われる。
これな…全部ではないがわりと言われている。子供は親の言うことを額面通りに受け止めるんだよ。冗談とかはある程度の信頼関係があってのものだし
「絶対に人格、能力、存在の否定をしてはいけない」
同じか。私が高校2年の時に「東京理科大学へ行って数学を勉強したい」と言ったら、家族から「出来損ない」と言われ、40年以上経っても心に刺さっています。
みんなこういう言葉のオンパレードの中育つんじゃないの?と純粋に疑問に思ってしまった
私の場合、さんざん言われたのは「あんたはほんまあかんなあ、どんくさいなあ」と言われたあと、「俺だったら3秒でできるで」と貶められることもあったなあ
親しみを覚える仲だからこそポロリとこぼれてしまいがちな言葉でもある。

これは気をつけなければ。
ガンガンに聞いてたぜ。呪いを解くのは大変やった。これ言われると面従腹背にしかならないわな。造反有理やでホンマ。
これ分かりみありすぎてキツい話。基本的に条件付き承認で全面的受容はなかった。テストで1問間違えたら否定され、満点取ったら体育が苦手なこと否定された。おかげで努力する習慣はついたが、世界を信頼できないから正直むちゃくちゃ生きづらい。
子どもに絶対言ってはいけない「全否定3要素」(東洋経済オンライン)  何度言ったらできるの。あなたは口ばっかり。お前はいつもそうだ。そんな子に育てた覚えはない。どうしようもないやつだ。お前には無理だ。お前にできるわけがない。お前はいつもそうだ。見込みがない。
こういうのよく見るけど、大事なのは「それを聞いてしまった子供に『忘れ方』」を教えることじゃないかな。深く考えずに口にする人はいっぱいいる。いちいち気にしない!という助言。
2ページ目の絵が下手ってエピソード。
胸が潰れそうになる。
日本中に渦巻く呪詛みたいなもんだ。
絵ほど自由で全てが正解な表現は他にない。
何だってOKな世界。
子どもに絶対言ってはいけない「人格全否定3要素」(東洋経済オンライン)
言われたこともあるし、よく耳にする言葉も沢山ある。親が言わなくても親戚から、学校の先生から言われる可能性だってあるよね。言葉がもたらす影響を社会で考えなきゃいけないと思うな。聴いてきた、言われてきた『言葉』で人は育つんだから。
子どもに絶対言ってはいけない「全否定3要素」(東洋経済オンライン)

まじめにやってるつもりだったのに
ふざけてると思われて
子供のとき担任に言われたずっと忘れられない言葉ってあるし

自分はこーゆー言葉、使ってないかなとか気をつけたいなってなった。
こんなに言ってダメな言葉あったら子育てなんてできるかい。
以上

記事本文: 子どもに絶対言ってはいけない「全否定3要素」 (1/3) 〈東洋経済〉|AERA dot. (アエラドット)

関連記事