「30歳になったら死のう」人生に絶望したひきこもり男性の再起 清掃会社で3年働き「心はもう大丈夫」と母親(1/5)〈dot.〉 | AERA dot. (アエラドット)

 若い世代のひきこもりは54万人に上る。近年はひきこもり状態の長期化傾向があり、その社会復帰が大きな課題となっている。本人や家族が袋小路にはまってし...

ツイッターのコメント(5)

学校で競わせると
他人を馬鹿にする人が出てきて
足を引っ張る人も出てきて
優秀な後輩を叩き潰す先輩が出てきて

普通なら学校は
先生が管理しているけど

無法地帯のインターネットのように
荒れ果てていたりすると
悲惨な事になるから

管理者は重要
安心して暮らせるってこういう事じゃないかな?どんな時でも立ち直れるという事
ひきこもってる人が何のきっかけで動き出せるようになるかは、誰にもわからない。

だから知人だったり、相談機関だったり、行政だったりと様々なところからアプローチするのがいいと思う。
記事「なぜ 学校に行かなくなったのか」については何も触れられていない。
男の子 中学生になると口を閉ざしてしまう。

- 朝日新聞
以上
 
PR
PR