TOP > その他のニュース > 「子連れOKじゃないと東京五輪に出場できない」 海外ママ選手たちの訴えに組織委の回答は? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

「子連れOKじゃないと東京五輪に出場できない」 海外ママ選手たちの訴えに組織委の回答は? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

26コメント 2021-05-17 09:01  dot.(ドット)

 東京五輪に乳幼児や子どもを連れて来られないことにより、大会出場をためらう海外アスリートたちがいる。新型コロナの収束が見込めないなか、日本政府などは3月、海外からの一般観客の受け入れを断念。それに伴い...

ツイッターのコメント(26)

アスリートの家族だけ許可したらおかしいやろー。
許可するなら全てにしないと。
できないだろうが。
ジェンダーバランスを考えるというのは確かに重要だと思う。でも今の日本にとって、最重要課題はそれ?
中止でも延期でもさっさと決めろや!
開催は所詮無理なんやけん!
家族や子どもと一緒に来られないオリンピック...感染が終息してからで良いのでは。今開催するにはオリンピックは規模が大き過ぎる。別に東京にこだわる必要もない。
もう開催は目の前ですよ。まだグダグダしてるんですね。 / (AERA dot. (アエラドット) )
“まだ授乳期間中であれば子どもにも影響しますから、女性アスリートが自ら辞退を申し出なければならないような事態になっていることに、モヤモヤとした思いがあります。授乳中のママということが理由で出場を断念することがないようにするべきです。”

こういう問題もあるのか
「連れてこなければならないほどの小さな子どもがいる選手は、それほど多くないはず。そこに対応できないということは、日本の力不足を見せてしまうことになるかと思います」

日本は対応能力以前に、結婚出産後に競技を続けている事にいい顔しない人が多い
私も日帰り出張で子どもを帯同(仕事中はネットで探し当てた保育園に短時間保育を依頼)したことがありますし、周りには宿泊出張にシッターさんを連れて帯同したケースもありますので、便宜ははかるべきだとは思います...
やるなら、こんなことも進めないといけない。
---
まあまあ、どうせ死ぬなら我が子と一緒に死にたいという親心、見上げたもんじゃないですか。
一緒に死なされる子供からしてみりゃたまったもんじゃないでしょうが、アメリカ人なんてその辺の子供の人権意識とか希薄そ...
いくら乳幼児とはいえ監禁に近いオリンピック村で生活させる方が苦だと思うけどな。競技中のシッターは関係者として扱わられるとしたらなんだかな〜
「子連れOKじゃないと出場できない」海外ママ選手達の訴えに五輪組織委の回答はNo 「女子テニスのセリーナ・ウィリアムズ選手(39)は、3歳の娘オリンピアちゃんと「24時間以上離れたことがない。それが答えだ」と出場辞退を示唆」(> <;
(AERA dot. (アエラドット)) - ニュースパス
「ママアスリート」にしか話を聞いていない時点で、この記事も同じ穴の…なのよね。
まあもうこう言う感じなのだから正直言って無理。その上子どもが万が一罹患でもしたら訴訟だぞ。平和ボケして従順な日本人アスリートじゃないんだよ。
コメントさせて頂きました。
そもそも、代表チームで子どもの帯同を許可している、サポートしている事自体が素敵だと思うし、選択肢も広がる。
私は織田記念で広島陸協や陸連の方々に「表彰式、子どもとおいで!」と、あちらから言って頂けて、すごく嬉しかった。
海外の選手は、「ワクチン打って来るんだから良いでしょ?」って感じなんだれうなぁ…。
じゃあ、出場しなきゃいい。終わり!閉廷!解散!
こーゆーの見る度に日本は後進国だなぁと感じてしまう

オリンピックをやるの賛成か反対かって話ではなくてね。

怖いから逆に連れていきたくないという人もいるだろうし、書いてあるよう連れていけないのは困るという人もいるのだから

それくらいは臨機応変にやってほしい
海外と日本との差がここにも
だから 無理だって‼️
子連れで来日?許すの?

国民に無理を強いている状況
緊急事態宣言が発出中なのに

国民ファーストではなく
オリンピックファーストは何?
マジで次の選挙で落ちて欲しい
海外ママ選手たちの訴え

「モーガン選手のように遠征に子どもを帯同させるには、ベビーシッターや宿泊所の手配など、チームの理解を得ることが必要です。それが許されていること自体、日本ではほぼ考えられないことです」
コロナ禍の五輪にはこういう個別の、大事なテーマがいくつもありますね。
AERA dot.さまにご取材を頂き、寺田明日香がコメントさせて頂きました。
「授乳中のママということが理由で出場を断念することがないようにするべきです」
ぶっちゃけけアスリートたちにとっても『牢獄』のような五輪。

ストレスフルで全力投球出来るわけないやん。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR