【独占】ドラクエ生みの親・堀井雄二さんが語る今後のドラクエと“遊び”「勇者の墓を作りたい」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 いまや、国内のみならず世界中のファンからも愛される作品となった「ドラゴンクエスト」シリーズ。その生みの親である堀井雄二さん(67)に、同作のルーツや創作の秘密、今後の「ドラゴンクエスト」について聞い...

ツイッターのコメント(19)

>倒すのが大変なので、はぐれメタルを倒してレベル上げをする時間と、普通にレベル上げをする時間とでは、実はそんなに変わらないんです。でも「ズルができる」と思うと、人って一生懸命それをやるんですね。
いゃ「それ今言う?of 2021確定」|はぐれメタルを倒してレベル上げをする時間と、普通にレベル上げをする時間とでは、実はそんなに変わらないんです。
これか→ / (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
(4/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
メタル狩りの効率が悪いってのは。。。作品によらんかね。
(4/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
この方、情報感度と簡単に分析しか概要を理解する力が凄いのと、発想力と想像力と伝達力が豊かだなと思った。
> でも「ズルができる」と思うと、人って一生懸命それをやるんですね。

これを奪ったのが、不思議のダンジョンシリーズが洗練されるにつれて面白くなくなっていった要因だよな。
「勇者の墓」か!これは面白い!
勇者の墓、おもしろいなー。自己満足映像でいいから作ってみたいw
“コロナ禍で普段アニメを見ていなかった人も見るようになって、鬼(悪者)にもいろんな人生があるというところに、新鮮味を感じる人が増えたんでしょう。そういうパターンは前からありましたが、初めて触れた人にとっては面白いはず。タイミングも重要だったと思います。”
堀井雄二さん「人間にとって一番の娯楽は、別の人生を経験することだと思います。ゲームに限らず小説も映画もそう。主人公に感情移入して、今にない自分を体験する。ドラクエは、いつまでもそうした娯楽を提供するゲームでありたいと思っています。」(文=KOH・飯塚大和)
学生時代、必死にメタルキングやはぐれメタルを倒した記憶が蘇る面白い記事でした。

参考記事こちら
人間にとって一番の娯楽は、別の人生を経験することだと思います。ゲームに限らず小説も映画もそう。主人公に感情移入して、今にない自分を体験する。by堀井雄二
勇者の墓ってめちゃ面白い。67歳でも好奇心を忘れずに新しいものを作り続けててすごい。
素晴らしい記事、堀井先生の徹底したユーザー視点について理解できました。

ユーザー視点は口だけ。余剰アイテムを捨てれず、マクラーチーターは野放し、運営が特定のユーザーを選んでキャラ化したり賞品を贈る。

某ゲームから心が離れていく理由を再確認。
タイトルでどういうこと?って思ったらなるほどねー。私も入りたいわ
ドラクエ生みの親・堀井雄二さんが語る今後のドラクエと“遊び”「勇者の墓を作りたい」

(その墓に入れてもらいたいですw)

世界中のファンからも愛される作品「ドラゴンクエスト」シリーズ

その生みの親である堀井雄二さんに、今後の「ドラゴンクエスト」について聞いた
大人になっても子供心を持ち続けるのは、良いですよね。

🌐ドラクエ生みの親・堀井雄二さんが語る今後のドラクエと“遊び”「勇者の墓を作りたい」AERA
以上
 
PR
PR