TOP > その他のニュース > ホンダの“先見性の欠如” 問題なのはF1からの「撤退」よりも「参戦」したことだ (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

ホンダの“先見性の欠如” 問題なのはF1からの「撤退」よりも「参戦」したことだ (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

10コメント 2020-10-06 19:17  dot.(ドット)

 ホンダが2021年限りでF1参戦を終了することを、2020年10月2日に発表した。 この発表を聞いて、思い出された言葉が「孫子の兵法」だった。古代中国における伝説的な軍略家、孫武が説いたとされるこの...

ツイッターのコメント(10)

肉蠅に振り回されてスーパーアグリ切り捨てて、ブラウンに二束三文で売り払った挙句に復帰してすぐ撤退とかそりゃあね。
世界一をめざしどこまでいけるか。を社長自ら体現していたのがソーイチローホンダ。目標がいつのまにか生き残り、という並の企業になってしまった中で無理してたんだろうね。
凄い分かるなぁ😔
だからいつまで経ってもトヨタに追いつけないのよね〜🏎💨
クソ記事。ターボチャージーとか書いてるし、F1知らん奴だな。単にホンダに余裕がなくなっただけじゃねーか:
参戦すべきではなかったというのが正しい。尾っぽ巻いて逃げるとしか思えない。現場のエンジニアの努力を無にする会社に未来はない。HONDAのEVは、絶対買わない。
チャレンジを避難するというのは典型的な思考停止案件。
ひどい記事
ずっと擁護してくれてた尾張さんにここまで言われちゃうとはね。
(1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR