TOP > その他のニュース > 自分の子どもになぜ会えない? 単独親権で「地獄に放り込まれた」母親たち (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

自分の子どもになぜ会えない? 単独親権で「地獄に放り込まれた」母親たち (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

19コメント 2020-09-22 09:11  dot.(ドット)

 ある女性は「離婚届に判を押すまで寝かせない」と毎晩離婚を強要され、子どもを奪われた。ある女性は、子どもに会えない中で『しね』『ババア』と書かれた紙と一緒に写った子どもたちの写真が送りつけられる――今...

ツイッターのコメント(19)

「本当に子どものことを考えたら、片方の親を排除するような制度の運用は止めるべきです。」
裁判官と双方の弁護士がよく話を纏めて、自分の監護時間に責任を持ち相手に頼らない【夫婦の感情を抜きにした事務的かつ時間で半分を基本とした分担監護】の状態を別居開始直後から作れば良いだけの事…。
@NipponZaidan 子ども達に親に自由に会える権利が先ではないでしょうか?
今の片親の連れ去りで親子断絶状態のままでは児童の権利条約に完全に違反していますよね!
毎年何十万人も被害者がいるのに対応されないのは何故でしょうか?
牧野さんが良い記事を書いて頂きました。
私の息子も親子関係は良好。
悪化したのは夫婦関係だけだった。
別居後離婚して1年以上が経ち、息子が自分の子どもに会えたのは、トータルで5時間。
産後うつで実家で療養中に子どもを拉致され親権をとられるって、本当にひどい話だけれど、実際できてしまう話だから怖い。
生まれたばかりのあかちゃんがおかあさんと引き離されてしまう…それが日本が世界から嫌悪される単独親権。子の「連れ去り」や親子の「引き離し」を罰則化しないまま、虚偽DV問題も放置している限り、私達は今日も何十万もの子を虐待している。共同親権 共同養育を学ぼう日本
アゴラに続き、アエラドット。心あるメディア人は、まだまだいらっしゃる。
昨年「記載不備」で抹消された記事をよみがえらせることができました。ありがとうございました。
自分の子供の頃を思い出しても、母親も父親も好きでした。どちらかがいない子供時代を想像できないです。

AERA dot
>〜意図的な「引き離し」が横行している。こうした被害を訴えるのは、かつては男性が多かったが、実は母親も同じ目にあっていることがわかってきた。

母性優先と思われてきたことも連れ去り自体が霞んでいた一因。子どもを会わせない行為、酷い場合は親子交流前から始まる
牧野さん、いつもありがとうございます。
@makiko5127
9月16日、厚生労働省で、離婚や別居によって子どもに会えなくなった母親たちの記者会見がAERAdotの記事として配信されています。
母親が幼児と引き離される悲劇😢
加害者はやりたい放題。
司法はそれに加担する。
解決方法は連れ去り厳罰化と親権改革。
(4/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

牧野さん、いつもありがとうございます。
> 9月16日、厚生労働省で、離婚や別居によって子どもに会えなくなった母親たちが記者会見を開いた。23人の母や祖母が集まり、その体験を語った。 単独親権で「地獄に放り込まれた」母親たち〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
さん、親子ネットさん主催の会見に関する、別居母と単独親権への問題提起ありがとうございます。
「なぜ自分は母親と好きなだけ会えなかったんだろう」と疑問を持つようになった時、「父親が面会を制限していたことを知ったら、息子は傷つくでしょう」と想像する。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR