TOP > その他のニュース > アフリカ出身・京都精華大サコ学長 コロナ問題でわかった「日本人のホンネ」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

アフリカ出身・京都精華大サコ学長 コロナ問題でわかった「日本人のホンネ」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 世界的に感染が広がる新型コロナウイルス。アフリカのマリ共和国出身で京都精華大学学長を務めるウスビ・サコ氏に、新型コロナウイルスがもたらしたさまざまな問題点を語ってもらった。今回の事態から私たちは何を......

ツイッターのコメント(2279)

【興味深いのは、日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っていること】
再読
その通りです。
仰るとおり。危機を通して他責傾向の人々があぶり出され、日本人にげんなりした2020年上半期。
日本に対する分析、いやーこれは同意しかないすごい。サービスが整いすぎているのが日本の弱さ、めっちゃ分かる。
《日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っている≫ってほんこれだった→
この方?朝日新聞のAERAがキャホキャホして日本dis記事にしてた方?
「興味深いのは日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し国からの発言を待っていることです。また『自分ではない誰かがしてくれる』気持ちが強い。サービスが整いすぎているのが日本の弱さで知恵や能力を使う機会がなく自ら考えて動くのが苦手で他責傾向がある。」
先日読んだ精華大学サコ学長のインタビューにリンクしている部分も含めてかなりよい記事だった|
サコさんのインタビュー。
必読です!
広く、物事を見るのは大切。
精華大が羨ましくなった。芸術大学の学長がこの方で羨ましい。
これも一ヶ月近く前の今更の記事ですが、すごい記事です。
本当にその通り…何も言えないという感じです。
すべて大事なのでコピペせず、シェアします。
いやぁ…すごいな、一度お話伺ってみたい。
”―――感染対策が成功している国、そうでない国について、どうご覧になっていますか。

 成功するためには、死者の数だけでなく、国としての未来への希望が失われていないことが重要です。”
諸外国との違いも例に挙げられていて、文章も分かりやすく書かれているので読んでみて欲しい。
あとで読むの。
日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っていることです。

↑私、政治に関心ないし、元々氷河期世代なので自分しか信じてない。
これの「日本人は政治にそれほど関心がないのに~」のところ
気付きが多かった。
日本という国、社会、国民の本質論だなあ。
京都精華大のサコ学長の専攻は『空間人類学』とのこと。
グローバルな視点からのご意見のおかげで、日本人の国民性、気質、振る舞いに気付かせてくれました。
「この問題は誰かが解決してくれるものではないということです」
まちゃおさんからご紹介された
『 コロナ問題でわかった「日本人のホンネ」』はコチラ…
これすごいなぁ
「いかに有権者にいい顔をしながら期待される決断をするか」という意図だけが伝わってきて、結局は自分たちが損をしない範囲のことしかしないとわかってしまったため、国民の気持ちが離れています。

その通りだなと……
ほんとうに勉強になりまつ。
最近どこの国の政府の補償はどうとか、そういう形で海外のことが取り上げられてるのをよく目にするけど、そもそも国民の意識という視点でこんなにも違うのかと思った。サービス社会は結局「自分ごと」の範囲を狭めてしまっている。「他人任せ」はやめたい。
なるほど。日本人の行動とは。//
「自分ではない誰かがしてくれる」気持ちが強い。
知恵や能力を使う機会がなく、自ら考えて動くのが苦手で他責傾向がある。ただ、わかっているのは、この問題は誰かが解決してくれるものではないということです。

お恥ずかしいほどズバリ
これはとても勉強になる。
この記事をどうか読んでほしい。
いずれ、日本は世界に置いてけぼりになる。そんな、危機感が今の日本、これからの日本にあるのか?
待っててもダメだ。
今を生きるのだから。
考えて生活しなくては。
耳が痛い。仰る通りでございますよ。:
アフリカ出身学長の話。他国との比較で話しているので理解しやすい。

台湾は政府が専門家集団で構成されている
北欧やドイツは国家に対する信頼が厚い
アフリカ諸国は政治の不備を地域共同体等で補っている
日本の政治には不足があるがかといって地域共同体も機能していない
二面性、他責。
「日本は政府の決断が脆弱で、どこまで責任を持つのかはっきりしないため、国民が迷っています。」
「興味深いのは、日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っていることです。」


確信を突かれてドキッとするような記事でした。
>興味深いのは、日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っていることです。
コロナ禍で読んだ記事のなかで一番いいな。
「有権者にいい顔を」という意図だけが伝わり、結局は自分たちが損をしない範囲のことしかしないとわかってしまい国民の気持ちが離れた。その通り!
(2/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
サービスが整いすぎているのが日本の弱さで、知恵や能力を使う機会がなく、自ら考えて動くのが苦手で他責傾向がある。
今回、このあたりの構造の捉え方として良いタイミングでウスビ・サコ氏のインタビュー記事が出たなと思います。「興味深いのは、日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っていることです。」という部分は調査業務からも親しみある傾向でしたね。
この人、冷静で客観的だ。日本の政治家共にこういう人が少しでも居たらねぇ。
自粛要請でこれだけできた日本もすごいと思うけどな。国は決断力がない、国民は国任せ過ぎる。親は学校任せ過ぎるってのはなんとなく理解できる。自律的に、主体的に、自分はどうしたいのか、何ができるのか、考えることも必要かと思います。自分のできることをやっていこう。
「日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っている」
一言一言全てがその通りだと思った。
@naokonz 面白い記事。日本では非常にレアな学長さん。
すっごい読んでほしい
スッキリする論調でスッキリしたくて再読。サコ学長を存じ上げなかったんですが、よくこの方に聞きに行こうと思ったなと。そして大成功インタビュー。プロフェッショナルや。
この記事おもしろい。

“興味深いのは、日本人は政治にそれほど関心がないのに政府に依存し、国からの発言を待っていることです。”

“問題になった安倍首相が犬を抱いてお茶を飲む動画も、(略)国民への気持ちはその程度だと宣言したようなものに思われてしまった。”
ちょっと耳が痛くなるコロナ禍の日本分析でした。
(4/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
やっと読んだです
悲観するわけでなく、今自分がちょっと仕組みがアンバランスな国家の国民であることを肝に銘じなきゃならないな
脱・指示待ち人間
もっと見る (残り約2229件)
 

いま話題のニュース

PR