TOP > その他のニュース > プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

プロスポーツ選手が手術を受けるとき、執刀医はどう選ばれる?「名医」はどんな医師? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

20コメント 2020-04-13 07:18  dot.(ドット)

 一流プロスポーツ選手であっても、ときに予期せぬ大けがにより戦線離脱を余儀なくされることがあります。しかし最近では、手術をしてみごと復帰を果たし、再び活躍する選手が珍しくありません。では、プロスポーツ...

ツイッターのコメント(20)

🌴髙橋大輔選手の事も
引退後に現役復帰し、いまも挑戦を続けているフィギュアスケートの高橋大輔選手は、2008年に右ひざの前十字靱帯(ぜんじゅうじじんたい)と半月板を損傷して手術をし、長いリハビリを…
大ちゃんのACLの話題もあります
( ˙꒳​˙ ).。oO大輔さんの前十字靭帯断裂はシングルスケーターとしては前例が無かったんだよね。名医といえども分からない事だらけで手探りだったはず。
改めて原先生に感謝です(-人-)
引退後に現役復帰し、いまも挑戦を続けているフィギュアスケートの高橋大輔選手は、2008年に右ひざの前十字靱帯と半月板を損傷して手術をし、長いリハビリを経て見事に復活を遂げ、バンクーバー・オリンピックでは銅メダルを獲得、世界選手権でも優勝するという輝かしい成績…
大ちゃんの紹介も。
>引退後に現役復帰し、いまも挑戦を続けているフィギュアスケートの高橋大輔選手は、2008年に右ひざの前十字靱帯(ぜんじゅうじじんたい)と半月板を損傷して手術をし
高橋大輔選手の記載も
故に西日本のチームの選手が関東まで来るんだね😅←だからかどうか知らないがそこは全個室になったそうな
だいちゃんのことも☺
For myself ✨


大輔さんについても言及✨

ー長くつらいリハビリを乗り越えられるのは、「なんとしても競技に復帰する」というアスリートのもつ強靱な精神力があるからこそです。ー
(2/3) 〈dot.〉AERA dot.
大ちゃんのことも載ってる☺️‼︎(前十字靱帯と半月板を損傷、手術、長いリハビリを経て見事復活、バンクーバー・オリンピックで銅メダル、世界選手権でも優勝)
高橋大輔選手は、2008年に右ひざの前十字靱帯と半月板を損傷して手術をし、長いリハビリを経て見事に復活を遂げ、バンクーバー・オリンピックでは銅メダルを獲得、世界選手権でも優勝するという輝かしい成績を残しています。

執刀医はどう選ばれる? @dot_asahi_pub
【自分用】
AERAdot.:


フィギュアスケートの高橋大輔選手は、2008年に右ひざの前十字靱帯と半月板を損傷して手術をし、長いリハビリを経て見事に復活を遂げ、バンクーバーオリンピック.
いまも挑戦を続けているフィギュアスケートの高橋大輔選手は、2008年に右ひざの前十字靱帯と半月板を損傷して手術をし、長いリハビリを経て見事に復活を遂げ…

スポーツ医が語るスポーツ×医療 まるわかり講座 /松本秀男 AERA
高橋大輔選手についても言及あります
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR