TOP > その他のニュース > “反応癖”に悩む25歳女性に鴻上尚史が「本当に変わりたいのか?」と聞いた理由 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

“反応癖”に悩む25歳女性に鴻上尚史が「本当に変わりたいのか?」と聞いた理由 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

18コメント 登録日時:2020-03-24 16:36 | dot.(ドット)キャッシュ

 自分の意見を否定されると、自分の存在まで否定されダメ出しされている気分になっていつまでも落ち込んでしまうと悩む25歳女性。この癖を直したいという相談者に、鴻上尚史が分析した、「反応癖」の正体。【相談......

ツイッターのコメント(18)

「自己嫌悪というのは自分に優しくて、クセになる」わかる
(引用)よく「あたしってバカだからさ」とか「俺なんか、ブサイクで全然ダメだから」と何度も公言する人がいます。他人に傷つけられる前に、自分で自分をゆるく傷つけてショックを減らそうとしているのです。
こうやって言語化できるのはほんとすごいなって思ってるんだけどな。
昔の私みたいでびっくりした
いまでは起きるだけで自分偉いと褒めちぎってるけど☺️人生楽しい
自己嫌悪とは、傷つきたくないが故に人から傷つけられる前に自分で緩く傷つけておく自分に優しい行為。耳が痛い記事でござった。
"毎日、「小さな勝ち味」を積み重ねていって下さい。やがて習慣になって、肯定的なことに敏感になります。"

私の精神安定剤、今週も良き😢
身に覚えがある相談でした…。

脊髄反射にかけるブレーキ、3秒キープさせられるようにしよ
「傷つくことに怯える人は他人から直接あれこれ言われる前に自分で自分を傷つけます。(中略)その方が安心するからです」「本当に変わりたいなら(中略)楽なことからいったん離れないといけないのです」

反応癖に悩む25歳女性に鴻上尚史が本当に変わりたいのか?と聞いた理由
「自己嫌悪」の反対の「勝ち味」、うまいなあ!勉強になります。
のえまるの「今日もみんなえらいっ!」のすすめ
こんなに優しくて温かい回答、すごいな。毎回読んでるけどとにかく言葉選びと表現方法が沢山ある。 "反応癖”に悩む25歳女性に鴻上尚史が「本当に変わりたいのか?」と聞いた理由
鴻上さんが指摘されているような反応癖は、実は誰もが持っています。
持っていて苦しい癖をなくしていく方法も示されていてさすがだなあと読んでいました。
自分で気が付かない、苦しい癖。なんとかしたいと思ったら、ぜひ心理セラピーの扉を叩いてみてください。
自己嫌悪は甘えなるほど│アエラドット 朝日新聞出版: “反応癖”に悩む25歳女性に鴻上尚史が「本当に変わりたいのか?」と聞いた理由.
こういう女子いる。いつも全力で褒めてるのに全力で「私なんか」と全否定される。疲れるから距離置くようになったけど/ (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
>本当に変わるためには、過去を探りながら、未来を考えることが重要です。

過去だけ見ず、未来だけ見ず。今私はまだ前者しかできてない状態だから、そのうち未来もちゃんと考えないとだなあ…
素晴らしいです。
私自身ずっと自己否定で自分を守って来たから良くわかる。
でも、そうじゃないんだと気付いてから、確実に何かが変わった。
私がやってきた交流分析にも近い話。

@dot_asahi_pub
以上

記事本文: “反応癖”に悩む25歳女性に鴻上尚史が「本当に変わりたいのか?」と聞いた理由 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

いま話題の記事