TOP > その他のニュース > 「人生は後悔するもの」役者をやめるか悩む30歳女性に、鴻上尚史が伝えた本当の才能 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

「人生は後悔するもの」役者をやめるか悩む30歳女性に、鴻上尚史が伝えた本当の才能 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

438コメント 登録日時:2019-09-03 16:10 | dot.(ドット)キャッシュ

 鴻上尚史の人生相談。レッスンや芝居の勉強に投資を続けてきたが、これ以上役者の道を続けるべきか悩む30歳女性。「鴻上さん、あなたならどんな言葉をかけてくれますか?」と問う相談者に鴻上尚史が示した俳優を......

ツイッターのコメント(438)

ああ、この辺は伊達に長く演劇の世界で鴻上さんも活躍されていないでしょうね。でも好きで好きでたまらなくなってからが勝負どころかも、ですね。
ああ、これは俳優業の主命そのものでしょうが。
世の中の唯一のたたかいは自分の不安とのたたかい、という台詞もありましたね。
鴻上さんが引用している台詞は第三舞台で初演した「ビー・ヒア・ナウ」の台詞で、看板女優だった長野さんの台詞だったと記憶しています。
前に読んだ相談探してたらちょうど声優さんと同じような相談もあった。
あなたが
役者を目指していなくても
30歳じゃなくても

読む価値が十分にあります!

読んでみて(๑>ᴗ<๑)🍑
このシリーズのお悩み相談とか
創作やっているうちにちょっと詰まってしまった方へ
読んで欲しい記事
人生何十年も音楽をやり続ける礎になるのはこれ。好きさえも超越する。

"義務とか仕事とか修行とか思ってやっている人と、単純に大好きだから誰に言われなくてもやっている人とでは、たどり着く山の高さが全然違います。好きでやっている人には、誰も勝てないのです"
なるほどなー。(*´∀`*)
才能も大してなく、人の好き嫌いは激しく、移り気で気まぐれでいい加減なわしが生き延びていられるのは「何やっても楽しい」からなんだなー。
「好きは才能」と言ったのは岡田斗司夫さんだけど、「楽しいも才能」なんだな!!
そうなんだよねぇ(¯―¯٥)

やめたほうがいいのかもしれない…2年猶予…
逆にいえば、「こんなことをしていていいんだろうか?」という疑問を持った時が、「才能」がなくなった瞬間です。

(3/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
唐突だけど、なんかふと、この記事を思い出した。

「才能とは、夢を見続ける力のことですよ」
(3/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)  
「こんなことをしていていいんだろうか?」という疑問を持った時が、「才能」がなくなった瞬間

そう思う。才能に限らずなんらかの終わりだなと
鴻上尚史さん
人生は後悔するもの
ほんとに良いコラム
どうしてもやりたいこと、どうやったら出来るようになるか考えるの最近楽しい。
"「こんなことをしていていいんだろうか?」という疑問を持った時が、「才能」がなくなった瞬間です。"

なるほどね。
だから僕はスプラの才能がなくなったのか。
「夢を見続ける力」というのは、つまり、誰に命令されてるわけでもないのに、自分のやりたいことを勝手に情熱をもってやり続けられる力です。
@ns_ro_se どんな選択かにもよりますが、両方はなかなか難しいですよね。。。(´д`)
ただ、こちらの道を選んだからには選んでよかったと思えるように頑張りたいですね!
先程タイムラインに流れてきた記事で良いのがあって、もし良かったらロザリンさんも見てみてください🙂
自分も今"30になる時"で揺れてるなあ。俳優じゃないけど。
⇒俳優を続けるかどうか、「大学卒業の時」「30歳になる時」「結婚する時」の三度、揺れるのです。
「迷っているということは、夢を見続ける力がなくなったということですね。だったら、もうやめた方がいいかもしれませんね」
-----
そうだよね。好きには誰も敵わない✨
「人生は後悔するもの」役者をやめるか悩む30歳女性に、鴻上尚史が伝えた本当の才能|AERA
きのうもこの話になった。「逃れられない」ものと、どう付き合うか。人はなぜ表現行為に魅せられるのだろう。
抜粋。
『才能という言葉を「向いているか向いてないか」とか「能力や可能性」「真価」なんて考えるのではなく、単純に「夢を見続ける力」だと僕は定義したのです。』
ゲーマーにも読んで損は無い素晴らしい内容だった。
本好きとして思うけど、本書く人に相談すると「1冊書く気力体力は当たり前に存在」バイアスと「締切に追われる感」が漏れなく入る。気力体力のない人は休憩しながら続けると良いよ、趣味でも良くねって解には、なかなか至らない。この人は相談相手を間違えてるかも知んない。
この記事、ちりばめられている表現がしびれます。『「夢を見続ける力」というのは、つまり、誰に命令されてるわけでもないのに、自分のやりたいことを勝手に情熱をもってやり続けられる力です』
涙が出そうになった
そして書籍化おめでとうございます!買います
「人生は後悔するもの」←この言葉に救われる。
この言葉いいなぁ。何回も思い出す>「人生は0か100か」ではなく、67点とか49点とか81点とかの結論を引き受けて、「それが人生さ!」と青空を見上げて生きていくものです。
読んでて、Creepy Nutsの二人が頭に浮かんだ。「夢を見続ける力」
「どこでも相手にされなかった貴女がどこにいってもやっていけるわけがない」なんてアホな言葉を真に受けてはいけません。←ここいいよね。
「67点とか49点とか81点とかの結論を引き受けて、「それが人生さ!」と青空を見上げて生きていくものです。」
鴻上さんはいつも相談者さんの名前を繰り返し繰り返し呼んでくれる
まるで自分にも語りかけられているような感覚になる
不思議だね
これ!⇒『「人生は0か100か」ではなく、67点とか49点とか81点とかの結論を引き受けて、「それが人生さ!」と青空を見上げて生きていくもの』
>
朝日は嫌いだが、このコーナーだけは、好きだな。
…俳優業は「一生不安」。例え売れても。一生。
この回答は、50過ぎのミドルも勇気づけられますね。
オォー ✨✨✨
*〜〜〜
じゃあ、なぜ、不安に打ち倒されないで続けられるのかといえば、これはもう「好きだから」しかない、と僕は思っています。〜〜〜*
鴻上さんの相談室ってすごく好きなんだけど、今回のこの相談の答えがすごく好き。
鴻上さんは『夢を持ち続ける能力』がクリエイティブな仕事を続けるには重要だって仰っているけど、
私は『勘違いする能力』だと思ってる。
そして私は目下勘違いしている。
じっくり読みたい。全部の質問。
@yutarou628 もしかしたら少しは参考になるかも知れへんので共有しとく!
「才能とは、夢を見続ける力のことですよ」は、今も私に刺さり続けてる台詞です。
「義務とか仕事とか修行とか思ってやっている人と、単純に大好きだから誰に言われなくてもやっている人とでは、たどり着く山の高さが全然違います。好きでやっている人には、誰も勝てないのです」

鴻上尚史さんの考える「才能とは何か?」
好きでやる人には、誰も勝てない。
鴻上「義務とか仕事とか修行とか思ってやっている人と、単純に大好きだから誰に言われなくてもやっている人とでは、たどり着く山の高さが全然違います。好きでやっている人には、誰も勝てない」/役者をやめるか悩む30歳女性に、鴻上尚史が伝えた本当の才能
鴻上さんの人生相談、TLで見かけると食い入るように読んでしまう
鴻上さん、悩める俳優、悩めるクリエイターたちに素晴らしいアドバイスをありがとうございます!励みになります。
才能=夢を見続ける。こんなことしてていいの?の疑問は才能がなくなるサイン。でももしそこで辞めたとしても、前向きに考えたい。それだけ手放せば、その分大きくスペースが空くんだから。選んで決めたら、それが100点でなくても引き受ける。100点の選択なんて、ないよね。
何かをする理由は「好きだから」で充分
もし、あなたが今悩んでいるなら読んで欲しい記事があります。心が少し軽くなりますよ。

「人生は0か100か」ではなく、67点とか49点とか81点とかの結論を引き受けて、「それが人生さ!」と青空を見上げて生きていくものです。

鴻上尚史さんの記事です。
「迷っているということは、夢を見続ける力がなくなったということですね。だったら、もうやめた方がいいかもしれませんね」
「才能とは、夢を見続ける力のことですよ」 鴻上尚史
なるほど。
以下、記事抜粋
なぜ、不安に打ち倒されないで続けられるのかといえば、これはもう「好きだから」しかない、と僕は思っています。
読みながらバーンスタインの「私は音楽家になるべきかと問う。しかしその言葉を発した時点で音楽家になるべきではない。なぜなら、その疑問を持ったが故だ」(PMF@札幌でのインタビュー)という意味の言葉を思い出しました。
鴻上尚史の人生相談。とても良い話だった。『逆にいえば、「こんなことをしていていいんだろうか?」という疑問を持った時が、「才能」がなくなった瞬間です。それが「才能とは、夢を見続ける力のことですよ」という意味です。』
鴻上さんの人生相談ほんと好き
人生にパーフェクトな正解なんてものはありません。「人生は0か100か」ではなく、67点とか49点とか81点とかの結論を引き受けて、「それが人生さ!」と青空を見上げて生きていくものです

最近漠然と感じてたことをはっきり言語化された感じがする。あたしも青空を見上げて歩く
好きで好きで仕方なくて音楽と俳優を両方仕事にした方を知っています。
何をやるのでも
ようするに自分が決めて
決めたことをポジティブシンキングで受け止めることが大事ということなのだと思う
この鴻上さんの回答みたいなもの
今これくるかあ…って思いながら色んなことを考えて読んでしまった
URL途切れちゃってるので貼り直し。
鴻上尚史さんの人生相談で、私が一番好きなやつです。
「夢を見続ける力」😭
なるほど、なるほど…
この方の相談コーナー大好きだわ☺️
40になろうが50になろうが後悔しながら生き続けるのだろうが、最期には「人生サイコー」って言って終われるように足掻いてる。。みんなそんなもんだろう。
うっ・・・私のことやんけ
止めたらいいってわかってるのに絵を描いてる
いい文章だった。
諦めそうになって…やっぱり諦めきれない
過去を後悔して…やっぱりもう1度頑張りたい
状況的に今は困難かも…
けどやってみないと解らない

私、この繰り返しだなw
いい言葉。

>人生にパーフェクトな正解なんてものはありません。僕がよく言うように、「人生は0か100か」ではなく、67点とか49点とか81点とかの結論を引き受けて、「それが人生さ!」と青空を見上げて生きていくものです
「自分を信じる心」って、絶対に折れない鉄の芯じゃなくて、曲がったりねじれても千切れない針金のことなんだと思う。
鴻上尚史: 才能とは、夢を見続ける力のこと。(中略)「人生は0か100か」ではなく、67点とか49点とか81点とかの結論を引き受けて、「それが人生さ!」と青空を見上げて生きていくものです。
才能とは何かの定義に激しく同感。みんな勝手に諦めていくんだよね。それはこういうことだったのかと思いました。
「俳優は3度揺れる」は俳優じゃなくても、不安定な雇用の中で結果を目指す人全てに言えるかもね。
泣きながら読んでたワァ
鴻上尚史さんの人生相談いつもかみ締めつつ読ませてもらってるのですが
この質問ぐっときました・・・いつまでも好きを大事にしよう
26歳でお笑い芸人を辞めましたが、全く悩まなかった。
僕の場合は就職すること自体か「楽しそうかも!」と思えちゃったからお笑いに対しての未練は皆無だった。

それによって自分は才能がなかったなとより感じました。未練タラタラになること自体が才能なんではないかな
ジーンとくる話。
役者目指してないけどズッキュンきた
「人生は0か100か」ではなく、67点とか49点とか81点とかの結論を引き受けて、「それが人生さ!」と青空を見上げて生きていくものです。
才能って、なんてピュアな原動力なんだ、、
>好きでやっている人には、誰も勝てないのです。だって、やりたくてしょうがないんですから。逆にいえば、「こんなことをしていていいんだろうか?」という疑問を持った時が、「才能」がなくなった瞬間です。
@dot_asahi_pub
この質問と答は、全ての「求道者」にとっての本質的なものだなあ。それが「好きであり続けられるかどうか」。シンプルかつ、とてつもなく重い。
才能とは…夢を見続ける力
役者についての相談と回答だけど、創作にも通じるなって思う。たとえ報われなくても評価されなくても損得考えずに書くのは「好きだから」「楽しいから」でしかないし、楽しめないときは休んだってやめたっていいのよ
「俳優は三度揺れる」という言葉があります。まあ、僕が作ったんですが。

俳優を続けるかどうか、「大学卒業の時」「30歳になる時」「結婚する時」の三度、揺れるのです。
相変わらず最高の回答!!

役者をやめるか悩む30歳女性に、鴻上尚史が伝えた本当の才能
これは、でカウンセラーを目指してる人に読んで欲しい。
仕事はやりたいから!楽しいからやるもんだ!
才能とは単純に「夢を見続ける力」のこと / (AERAdot. アエラドット 朝日新聞出版)
良いこと言う人だなー
本当に素晴らしい考えだし文章なんだよなあ。。優しさに満ちてる。
"「迷っているということは、夢を見続ける力がなくなったということですね。だったら、もうやめた方がいいかもしれませんね」"

"もし、俳優をやめるとしても、それは決して「世界の終わり」ではないのです。それは、次の人生へのスタートです。"
“もし、僕があいさんに直接、アドバイスを求められたら、「迷っているということは、夢を見続ける力がなくなったということですね。だったら、もうやめた方がいいかもしれませんね」と言うと思います。”
楽しい!とか好き!って、不安や心配を吹き飛ばしてくれるもの。ある意味瞑想みたいなもん。身体的に言うと、余計な力な抜けるので、一番効率良く自分のベストを出す事が出来る。
(2/4)

"もっと言えば、クリエイティブな自由業の人、全員の悩みでもあります。作家志望、ミュージシャン志望、ダンサー志望、マンガ家志望、声優志望、まだまだいるでしょう。"
フォローしてくれてる方々に同世代が多いので、少しでも刺さってくれれば。
好きだから
夢を見続ける

…ことが、才能。
なるほど。

休憩時間も、剣劇の練習を延々と楽しげにしている太刀メンを見てると、なんかわかる。

うまくなりたいし、強くなりたいし、カッコよくなりたい。
やらされてるんじゃ、そうはなれない。
好きだからこそ、だよね。
今更だけど、このシリーズ面白いなあ
すべてのひとへ。
>僕は昔、自分の芝居で、作家になりたいんだけど「自分に小説を書く才能があるかどうか悩んでいる」男性に、別の人が、「才能とは、夢を見続ける力のことですよ」と言うシーンを書きました。
もっと見る (残り約338件)

記事本文: 「人生は後悔するもの」役者をやめるか悩む30歳女性に、鴻上尚史が伝えた本当の才能 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

いま話題の記事