TOP > その他のニュース > 世界から高額オファーも 国宝級日本人「羽田空港の清掃人」の今 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

世界から高額オファーも 国宝級日本人「羽田空港の清掃人」の今 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

11コメント 2019-07-03 16:59  dot.(ドット)

 7月2日、「プロフェッショナル仕事の流儀」(NHK)に、羽田空港の清掃人・新津春子さんが再び登場した。4年前の同番組の放映では、大反響が巻き起こり、国内はもちろん、中国や台湾、イギリスなどからも取材...

ツイッターのコメント(11)

うわーこれ見たかったなぁ
自分を更新し続けることは並大抵のことではない。誰だって楽したいから。しかしそれが衰えの始まりだと理解しているのだろう。走り続けることが老いの進行を緩やかにする。
日本では掃除人と蔑まされるが、仕事に真剣に取り組む職人技の人々がやっと評価される時代になった!
おはようございます。凄いね。お金や地位になびかない人生。なかなかできないよね。こういう人を目指さんとね。
「世界から高額オファー」:それが適切な報酬。日本は安すぎる。
「ありがとうと言われたら」:ワタミの元社長と同じことを言っている。感謝で人間は生きられない。金が必要。働くのもそのため。
「道徳の教科書」:労働力のダンピングはこういう教育で行われていたのか。
こういう人をちゃんと表彰できないだろうか →
国宝級日本人

この方の四年前の番組は拝見した。そして感嘆した。
私も定年したら、この方の様な周りを綺麗にする清掃人になりたいと憧れました。周りを綺麗にできることそれは本当に素晴らしいこと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR