TOP > その他のニュース > 下着は白、台風でも部活決行…ブラック校則に生徒は「より厳しくして」 ある教育長の苦心 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

下着は白、台風でも部活決行…ブラック校則に生徒は「より厳しくして」 ある教育長の苦心 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 地毛証明書の提出や黒染め強制、下着は白に限るなど、子どもの身体的な特徴やプライバシーに関わることまで細かく規定する学校の「ブラック校則」。それを変えようと動いたある教育長は思わぬ壁にぶつかっていた。......

ツイッターのコメント(17)

広島県では現在、県の教育長を中心として改革が進められています。

県教育長や、福山市教育長は、就任後、管轄するすべての学校を訪問し、「管理的な教育を見直して子どもたち一人ひとりに寄り添った多様な学びを目指してほしい」と…

どこまで実現できる?

@dot_asahi_pub
服装などのルールを必要という生徒も少なくない。

※下着の色まで校則で決めていない地域です。ブラック校則はないと思います。
年齢による進級制度がなくなれば、校則いらない。国が『この年齢までにこれを学習させ、身に付いてなくても進級させる』という圧を無くしてくれたら自主性をゆっくり育てられると思う。
えー!待って待って!!忖度した覚えも、校則守った覚えもないですけど!そもそも市内の中学生守ってないっしょ!どこ見てるのだろう、当事者の置いてけぼり感。
「怒って教室から出ていく先生」のくだりが、あまりにもありがち。
新しい校則案が現行より厳しいのは、先生への忖度のせい?。3年に1回くらい生徒会で校則を検討するようにしたら、適度に落ち着くだろう。
決められた校則ではなく、自分達が決めた校則なら従うんだよ。
記事でも生徒の「忖度」を疑ってるが、多分「生徒会を通して」云々というやり方に問題が大ありなんだろう。第三者が匿名を条件に意見聴取したら全然違った結果になってたと思う/ブラック校則に生徒は「より厳しくして」
うーん。先生への忖度もあるだろうけど、自由が怖いんじゃないかな。
みんなと違うこと外れることはダメという空気のまま自由度だけ上げても、不安が増すだけ。
学校の先生が変わらんことにはどうにもならないねぇ。
NHK、日本財団ともに「不登校」と併せて「ブラック校則」もアンケートしてたのに、シリーズは「いじめ」「不登校」で終わりなのは何故だろう🤔
「みなさんは、授業中に先生が怒って出ていってしまったという経験はないでしょうか。」生徒がボイコットして全員出ていったというのなら中学の時にあったけど……。でも、そう言う事なのか。根は深い。
福山市、エエ試みや思うけど、
もっと根本が変わらんと・・・(°°)ぴ
ここでも忖度か…。無意味な校則はなくせばいい。
何の始まりも進捗もない話のような。登場する教員らはそれこそこの教育長の退陣をただじっと待っているのだろう。
生徒が先生を「忖度」するってもうなんと言ったらいいのか。いったい何を目指した教育をしているんだろう。独裁国家でも目指してるんですかね。 / 下着は白、台風でも部活決行…ブラック校則に生徒は「より厳しくして」
生徒会「現状より厳しい校則に」
これを記者は「子供が先生に忖度した」と言っているが、生徒会は多分成績が良く真面目な子達がやっているはずで、勉強する場である学校を乱す生徒達に辟易していて、自由より管理を選びたいと考えてる可能性もあるのでは。
←「服装や髪形にまで事細かな規則を設けて指導するのは人権侵害」「教育的な効果の有無以前の問題」「親や子どもが求めたとしても、管理的な教育だけが公教育であってはなりません」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR