TOP > その他のニュース > 古賀茂明「どこまでも米国ファーストの安倍政権と麻痺した日本の大手マスコミ」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

古賀茂明「どこまでも米国ファーストの安倍政権と麻痺した日本の大手マスコミ」 (1/4) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 東京新聞ネット版(1月30日)にこんな見出しの記事が掲載された。「米軍横田空域の通過、日本が管制 羽田新ルート、五輪前に増便へ」 昨年(2018年)10月29日の本コラム(「安倍総理は憲法9条改正よ......

ツイッターのコメント(24)

日米の2国間関係 今も日本はアメリカ軍部の支配下に置かれた属国に過ぎない真実が解ります。

アメリカファーストを叫ぶトランプ大統領の要求を全て飲まされ国益を売る安倍晋三氏ら歴代首相と官僚組織に米国に平等な2国間関係を要求、交渉すらしない腰抜け振りが情けない。
日米地位協定を根本から問い直さないと、日本は安全保障だけでなく、経済の主権まで、その重要な部分を米軍に牛耳られている状況から抜け出せない(本文より引用)
アメリカの言うことは聞くが、憲法は無視の安倍。権力ファーストのマスゴミ。
アメリカ様にヘーコラするのが国是以外の何物でもないのさ♪→ (アエラドット)
「日米地位協定に基づき東京、神奈川、埼玉、群馬、栃木、静岡、長野、山梨、新潟、福島にまたがる巨大空域の管制権は米軍が握っており民間機の飛行を認めないため、羽田から西に向かう民間機や北陸方面に向かう機は燃料費と時間を費やして迂回している」  知らなんだ…
まったく、どう仕様もなく酷い話ですね。古賀さんの記事を拝見して、これは「拡散」しなければと ⇒
(アエラドット)
(アエラドット)

横田空域と呼ばれる空域は、東京都、神奈川、埼玉、群馬、栃木、静岡、長野、山梨、新潟、福島にまたがり、米軍がこの空域の管制権を握っている?
彼らが政府の発表をそのまま垂れ流す、大本営発表下請け広報機関の役割を担っていることが再び明らかとなった。本当に日本のマスコミを何とかしなければ、日本は、国の進路を誤ることになるだろう。
米軍に国を守って貰ったり同盟国であるため、米国寄りなのは理解できる。

ただ、TPPのように農業などの支援者のためなら米国に抗うことはあるように思う。

いずれにしても横田空域で米軍と対立するくらいなら、米中露を1つの国に出来ないかと考えてしまう。
やはり、日米地位協定を根本から問い直さないと、日本は安全保障だけでなく、経済の主権まで、その重要な部分を米軍に牛耳られている状況から抜け出せないことがあらためてはっきりした。
「意図してかどうかはともかく、大手メディアが政府の発表をそのまま垂れ流す、大本営発表下請け広報機関の役割を担っていることが再び明らかとなった。本当に日本のマスコミを何とかしなければ、日本は、国の進路を誤ることになるだろう」(古賀茂明氏)
古賀茂明「どこまでも米国ファーストの安倍政権

米軍横田空域の通過、日本が管制 羽田新ルート、五輪前に増便へ
そして
1日当たりの増加分である約50便のうち24便を日米路線に当て日米の航空会社に同数配分することになりそうだという

(いっそ、合衆国日本州が良いね
日本は独立国なのに首都圏上空の管制権を在日米軍に握られている。
日米地位協定に基づく取り決めだ。
横田空域は、東京都、神奈川、埼玉、群馬、栃木、静岡、長野、山梨、新潟、福島、巨大な空域である。

どこまでも米国ファーストの安倍政権と麻痺した日本の大手マスコミ
安倍総理、ノーベル平和賞にトランプ米大統領を推薦する〝米国スリより態度〟まで見せたのか。事実なら、国際社会に恥ずかしい。

古賀氏 「~ アメリカの態度は、まるで、占領軍そのものと言っても良いのではないだろうか~」〈AERA 2月18日配信
#トランプ大統領
「羽田増便、半数は日米路線 両政府が最終調整」 --
世界中の笑い者… 😩
古賀茂明「どこまでも米国ファーストの安倍政権と麻痺した日本のマスコミ」 アエラ
増枠を米国から勝ち取ったかの様に勘違いするな。増枠便の40%が米国便である。米国からの入国者の割合は5%未満なのに。日本政府の忠米姿勢は変わらない。
#安倍政権支持って恥ずかしい
>日本は独立国なのに、首都圏上空の管制権を在日米軍に握られていることにある。
トランプが「アメリカファースト」と叫ぶのはまだわかる。品がないとはいえ、歴代アメリカ政府の本音を包み隠さず口にしただけだ。 しかし、安倍外交とは何なのか。まるで「アメリカファースト」が日本の国益であるかのような振る舞いではないか。
日米地位協定に関する日本のメディアの報道姿勢は物足りない。扇動に近い北方領土に関する報道と対照的だ。日本のメディアの頭の中はまだ東西冷戦時代のままだ。
以上
 

いま話題のニュース

PR