TOP > その他のニュース > 西武、パ・リーグ制覇…強力打線の陰で躍動した“三人の足”【氏原英明】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

西武、パ・リーグ制覇…強力打線の陰で躍動した“三人の足”【氏原英明】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

17コメント 登録日時:2018-10-01 17:15 | dot.(ドット)キャッシュ

 西武がパ・リーグを10年ぶりに制覇した。 山賊打線と称される打線はリーグトップの得点を挙げ、ライバルたちを沈めてきた。シーズン最多安打記録を持つ秋山翔吾を旗頭に、走・攻・守の全てをハイレベルにこなす......

Twitterのコメント(17)

素晴らしい記事でした。

簡単に点が入らない時代に野球をしてきた古い人たちは
バントや右打ち、エンドランといった作戦を駆使して勝ってきた(野村克也等)
そういった
時代から潮目が変わりつつある
なるほどね〜
ただ打ちまくるだけではなかったんだな〜
うちの監督には出来ない事だな
(1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

これがプロだよなぁ
これは良い記事(´ω`)
氏原さんの良記事。
Hawksのバント一辺倒が何故ダメか、コレを読めばよく分かるよね。
こういう臨場感のある記事をスポーツ紙記者ももっと書いてほしいね。氏原さん、おもしろかったですーーー。とりあえず、藤岡裕大に読んでほしい。
これは素晴らしい記事。
この記事クッソ面白かったわ!盗塁にも色んな駆け引きがあって源田、外崎、金子と三者三様なのも面白いバッテリーの配球にも影響与えるんだな攻撃型野球っていうのはバカスカ打つだけでなく足も大事
良記事。さすが氏原さんといった感じ。
>(略)後ろの打者が浅村であることを頭に入れて盗塁の駆け引きをしているのが源田なら、「成功率を気にしていたら、スタートは切れない」(金子侑)、「数より確実性が大事だと思う」(外崎)と三者三様なのだ

西武、パ・リーグ制覇…強力打線の陰で躍動した“三人の足” 氏原英明
パ・リーグは西武が10年ぶりのリーグ優勝
僕が小学生くらいの頃はパ・リーグといえば西武だった
しかし今はソフトバンクに覇権は移った
日本ハムが食らいつく構図
パ・リーグの勢力図は今後変わるのか?
覇権勢力の変遷と言えばダニエル書がオススメ
>盗塁のスペシャリストが3人【※源田壮亮、金子侑司、外崎修汰】いても、3人が同じ考えを有しているわけではない。
個が試合を動かしている。だから、山賊打線は驚異的なのである。
以上

記事本文: 西武、パ・リーグ制覇…強力打線の陰で躍動した“三人の足”【氏原英明】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

関連記事