TOP > その他のニュース > 職場の“アホ”の見分け方 潜在的アホと要注意アホの違いとは? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

職場の“アホ”の見分け方 潜在的アホと要注意アホの違いとは? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

25コメント 登録日時:2018-05-24 07:08 | dot.(ドット)キャッシュ

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークワンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、41万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読......

Twitterのコメント(25)

この世は不条理が当たり前だって言ってるけどほんとその通り。
私は仕事とは理不尽なものだと思ってる。
それにしても私は潜在的アホだな。きっと。
「さてタイプ別ですが、日本の組織人の大半はタイプ別に限らず、ほとんどが潜在的アホだと思って下さい。
アホとは、組織や個人の成果や成長に関係なく、意味なく他人に干渉してくる人々のことを指します」
つまり「媚びぬ・引かぬ・省みぬ・空気は読まぬ」な人がアホじゃないと・・・・・・。
読んだことないけど、そうなのね。
とりあえず私はアホではないみたいです。
ん?と言うことは戦われるのか!まじかー(笑)
@1kbt0000 逆に、これも大事かもしれません。

スパッとあきらめて、無駄な時間を費やすことをやめる。

価値観は違って当然。
話が通じないのに、いくら話しても無駄かな。

寛容さが、かえって相手を増長させてしまい、始末に終えない場合。
ほとんどはアホなのでアホを見抜くにはアホでない人を見抜けば事足りる、で大草原
@kotarotamura⁩ これは納得しました!気をつけます。ならないように。
論理的思考で主観でしか
物事を見れないやつだ。
(で?何?)って話だよな?毎回。
しかも言い方も何も考えない
やつが多いこと多いこと。
鬱陶しいだけ。
その続き…
筆者がいきなり「日本の組織人の大半はタイプ別に限らず、ほとんどが潜在的アホだと思って下さい。」と言うのに驚いた。
さて筆者がそう言う理由は?

職場のアホの見分け方
これ、確かにそうかもな。良くも悪くも集団から浮き出した人間は、強烈な同調圧力を受けるし、それに我関せずでいると排除圧力へと転換するからな。
・日本社会が成長や成果を目指す社会ではなく、調和に最も重きを置く、均質的な巨大なムラ社会であり続ける
・調和最優先で同調圧力
頭が悪く言葉が通じないくせに、やたらマウンティングだけはしてきて、権力の前ではヘコヘコしてるアホを見るとウンザリする。
職場で近づくのはNGな人の見極め方
ニュース
なるほど、笑。
私もblogで「アホ」を連発しているほうだが、この人の比ではなかったw
非常にわかりやすい。日本の組織人は大抵アホにすごい納得感。
以上

記事本文: 職場の“アホ”の見分け方 潜在的アホと要注意アホの違いとは? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

関連記事