TOP > その他のニュース > 10分で白血病診断、抗がん剤を変更… AIが医療をここまで変えた! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

10分で白血病診断、抗がん剤を変更… AIが医療をここまで変えた! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 医療分野のテクノロジーの進歩は目覚ましく、疾患の早期発見・治療、リハビリに大きく貢献することが期待されています。週刊朝日ムック「脳卒中と心臓病のいい病院」では、診断・治療を最適化する人工知能(AI)......

ツイッターのコメント(29)

お医者のレゾンデートルが脅かされてるね。実際、10年後にはかなり普及してるんだろうな。医者がまさか食っていけない職業になるとは・・!みたいな。
ワトソンすげぇ…
ホワイトジャックって名前が最高にクール
凄いなーとか有難いなーとかより前に
「何故ホームズではなくワトソンなのか」が気になった。
こういう方面ではガンバレAI! >
★AIによって医療は大きく変わる、そんな予感がする記事です。
人工知能が東大医師の診断を覆し10分で特殊白血病と診断、最適な抗癌剤を選択、女性患者の命が救われる
思い出して欲しい、そもそもワトソン君は医者である事を。
・ホームズ
すごい(小並感)
医者が要らなくなる時代が来るぞ!
ワトソンくん凄くないすか?!(自己アピール)
やぶ医者が淘汰される時代も近いな
過去のデータと照らし合わせるのはまさにコンピュータらしい
直接命に関わる分野では出来ないことですが、スポーツとかでAI監督vs人間監督とかやってみるのも興味深いかも?
これはスゴイ。これから様々な分野でAIが活用されて多くの人の役にたってほしいな。/
薬の仲介屋に甘んじる医者はいらないな。
完全にDr.ハウス失業 /
予想通りホワイトカラーの仕事が潰されていきそう
AIにできることはAIに任せ、医師の数を減らして社会保険費用抑制しないといけない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR