TOP > その他のニュース > 「そこまでして金がほしいのか!」という声も… コロナ禍で営業を続けるラーメン店主の苦悩とこだわり (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

「そこまでして金がほしいのか!」という声も… コロナ禍で営業を続けるラーメン店主の苦悩とこだわり (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

 緊急事態宣言が発令され、約2カ月。一部地域で宣言は解除されたものの、自粛ムードは続いている。 大打撃を受けているのが飲食店である。外出自粛要請により遠のいた客足は今も戻らず、売り上げが激減。外食チェ......

ツイッターのコメント(15)

ラーメン店はしゃべりながら食べるような場所ではないので、比較的リスク低いとは思いますし、考えた生き残り策に他人がどーのこーのいうのは何か違う気がします。
ラーメンって美味しさにこだわるほど宅配(出前)もテイクアウトも通販も難しい。もうすぐ食べに行くから!
写真・図版 |  コロナ禍で営業を続けるラーメン店主の苦悩とこだわり〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
「じゃあ、金やれよ」と思った。
大勝軒のような超有名店でもそうなのか…。
麺物は伸びちゃうからなあ。テイクアウトは難しいよね。

(1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
言葉を選ばずに言わせてもらえば、この期間をいい機会として、ラーメン店も成長していかなければならないと思っています。むしろ成長しなければ明日はない。

まさにこれ
コロナ禍でもおいしいラーメンを食べたい。飲食店は頑張ってもらいたい
そりゃそうでしょ。
そこまで~って言った人って、きっと仕事無くなって、収入全く無くなっても困らない人なんだよね?じゃなきゃそんな事言えないよね?
10万円とか補償金クレクレ言うよりずっと前向きなのに、、、
心無い言葉が悲しい
欲しいねぇ。いらないんだったら下さいよとその声には言いたい。
「緊急事態宣言が解除されたとしても、席数をもとに戻して営業するのは難しいでしょう。席数を減らせば回転率も悪くなり、行列が長くなってしまうことも懸念されます」/
AERA dot.にてコロナ禍のラーメン店の営業状況について、「東池袋大勝軒」「飯田商店」を取材しました。

@dot_asahi_pub @tai_sho_ken @iidashouta
以上
 

いま話題のニュース

PR