TOP > その他のニュース > 内田樹「日本学術会議問題は『大学人』=『学者』の認識違いに始まる」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

内田樹「日本学術会議問題は『大学人』=『学者』の認識違いに始まる」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

14コメント 2020-10-21 07:35  dot.(ドット)

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 日本学術会議の会員任命拒否に対して多くの学会が一斉に抗議の声を上げ...

ツイッターのコメント(14)

このバカの詭弁と傲慢さには反吐が出るわ💢
<従来の政府の法解釈と齟齬している。ネットを使って論点ずらしと学術会議への攻撃を始めたことなど、政府対応の知的・倫理的な低劣さは眼を覆わんばかりである>
〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
「『能力ではなく忠誠度で人を格付けすることができるほどの権力者には服従する他ない』という無力感と諦念のうちに日本国民は浸っていた。」

〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
「2014年の学校教育法の改正で大学教授会はその権限のほとんどを奪われた。「教授会自治」というものはもう日本には存在しない。いま大学は限りなく株式会社に近い組織に改変された。でも、その事実を多くの国民は知らない。大学人たちが組織的に抵抗しなかったからである」
内容は省きます。
読んでください。
だから、そのギルドがおかしい、と言ってるんだよ。



学者は違う。学術共同体という「ギルド」で修業を積んできた「職人」である。どれほどの「腕前」であるかがギルド内の唯一の査定基準である。
攻撃をしている右翼の稚拙さは日本の恥部である。
【政府は大学人を従わせるのは簡単かもしれないが、たとえ同一人物でも学者は従わない(笑)】内田樹「日本学術会議問題は『大学人』=『学者』の認識違いに始まる」AERA 戦争が正しいか間違いかという個々の学者の学問的結論を曲げさせることはできない。
♯日本学術会議への人事介入に抗議する
アエラは左派の反政権批判のマスコミ、この類はちょっと🤏
なぜ国民が、このような政治家に長期政権を握らせてきたのか、私は理解できていない。

引用
安倍政権は久しく政権との親疎(というより忠誠度)に基づいて政治家、官僚、ジャーナリストを格付けしてきた。権力者におもねる者は累進を遂げ、苦言諫言をなす者は左遷された。
学者が職人⁉️
本物の職人の方々に失礼である。本物の職人はお金の為に
国を売らない‼️
どれだけ上から目線なのか‼️
国民は左派よりの日本学術会議の民間移行を願っている‼️
消え去れ‼️
またもや繰り返される「低劣さ」罵倒の方。「サラリーマン」は「低劣」「支配しやすい」で「ギルド・学者」は「腕前ある」「ものさし持つ」者らしい。つまりは、自分たち「学者」が特権支配者である「国家」があると信じておられる。それは「日本」でないと国民は言うのみ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR