TOP > その他のニュース > 東浩紀「日本学術会議の任命拒否問題は菅政権のしたたかな戦略かもしれない」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

東浩紀「日本学術会議の任命拒否問題は菅政権のしたたかな戦略かもしれない」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

11コメント 2020-10-15 16:03  dot.(ドット)

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 日本学術会議の任命拒否が大きな話題になっている。 日本学術会議は内...

ツイッターのコメント(11)

「マスコミは例のごとく沸騰し野党は国会論戦に持ち込む構えだが、同じことは「モリ、カケ、桜」でさんざんやった。その結果がいまの盤石の支持率である。」
ーー「このケンカに強い」ことこそが素朴に嫌悪感を抱くのかもしれない
※朝日系の御用コメンテーター。
それでも、自民党を支持する方々が大勢いらっしゃる。
野党の不人気のせいだろうか、何だろうか…?

引用
マスコミは例のごとく沸騰し野党は国会論戦に持ち込む構えだが、同じことは「モリ、カケ、桜」でさんざんやった。その結果がいまの盤石の支持率である。
薄汚い政権ですな。→
なんやかんやでこれが一番私権と近いな
完全に同意します。菅政権は安倍政権より、戦略的な気がするし、それに対抗できる狡猾さが今の野党には決定的に欠けていると思う。

@dot_asahi_pub @hazuma より
そんなにレベル高くない。
買いかぶりですね。この人らしい。
以上
 

関連するニュース

いま話題のニュース

もっと読む
PR