TOP > その他のニュース > 津波リスク「計算して大騒ぎするのを避ける」とのメモも 原発事故で国が隠し続けた真実 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

津波リスク「計算して大騒ぎするのを避ける」とのメモも 原発事故で国が隠し続けた真実 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

14コメント 2020-10-11 08:55  dot.(ドット)

 東京電力福島第一原発の事故について、9月30日、仙台高裁は「国にも責任がある」とする判決を出した。東電に津波対策をとらせる立場にあった、経済産業省の旧原子力安全・保安院が全くその役割を果たしていなか...

ツイッターのコメント(14)

■②「あの未曾有の福島第一原発事故を招いた“最大の戦犯”が、他ならぬ…安倍晋三」 【 原発事故で国が隠し続けた真実】( )/《政府事故調査委員会も、重要な事実を知りながら、報告書に書いていないことがある》
アエラドット 朝日新聞出版: 原発事故で国が隠し続けた真実.
『政府事故調査委員会も、重要な事実を知りながら、報告書に書いていないことがある。内閣府が今年7月に開示した文書から、事故調による国の責任隠しも見えてきた』
> 原発事故で国が隠し続けた真実<AERA

福島原発は、経済性優先で設置時点で敷地を15m削った。女川との決定的違い。にも拘らず、津波対策放置‼

でも、最高裁には、何も期待できない。
米軍属国・日本…
重要な記事
(2/2) 〈AERA〉| そのおよそ半年前の09年9月、保安院は東電から、869年の貞観津波が再来すれば福島第一の敷地に津波が遡上する可能性があるという報告も受けていた。
保安院だけではない。政府事故調査委員会も、重要な事実を知りながら、報告書に書いていないことがある。内閣府が今年7月に開示した文書から、事故調による国の責任隠しも見えてきた。
何から何まで嘘だった。自民党政権が原発事故で国が隠し続けた真実。
最高裁で決着がつくまで、不利な情報は隠し通すつもりなのだろうか。

もう騙されたままではダメ。被害の規模が甚大なことを考えれば、原発はもう終わりにしないといけない。
メモ。添田孝史執筆。
今から此を主張し書いた関係者を逮捕し無責任者を公開処刑しろ‼️
「貞観地震について審議が活発化すれば、10年8月に予定していたプルサーマル実施までに審議が終了せず、プルサーマルを推進する立場の資源エネルギー庁などから非難される可能性がありました」
どこを見て仕事してるのか、善悪とか、リスクの判断がむちゃくちゃ。
〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) @tim1134
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR