TOP > その他のニュース > 非正規雇用者がコロナ禍で「116万人減」…失業者は一体どこに消えた? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

非正規雇用者がコロナ禍で「116万人減」…失業者は一体どこに消えた? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

12コメント 2020-10-07 08:44  dot.(ドット)

 コロナ禍の中、非正規雇用者は2月からの5カ月間で116万人も減少した。だが統計上、失業者は38万人増。職を失った人々はどこに「消えた」のか。AERA 2020年10月12日号が迫った。*  *  *...

ツイッターのコメント(12)

(3/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
>この人たちの多くは今、雇用調整助成金を原資とした給料が支払われているはずです。この助成金は永久には続きません。

そのとき、大噴火が.....
ハローワークで活動していないから失業者扱いになっていないだけでは?
コロナの感染で騒ぐ事態ではもう無い。
非正規雇用者がコロナ禍で116万人減
失業者は一体どこに消えた?

今年の2~7月に非正規労働者は116万人も
減ってるのに、完全失業者は38万人しか
増えてない??

厚労省が発表する2月以降のコロナ関連の
被解雇・雇い止め者の少なさは何
10月2日でたったの6万3347人???
どこにも消えてないですね。
登録したままですね。
とりあえず、失業保険を貰って凌いでますね。
と私は思う。
「10月で契約が切れますが、コロナで継続はできません」

関東地方のホテルに契約社員として勤める男性(57)は9月23日、支配人に呼ばれてこうはっきりと告げられた
コロナ禍の中、非正規雇用者は2月からの5カ月間で116万人も減少した。非正規雇用者は第2次安倍政権下で増え続け、総務省の労働力調査によれば、昨年9月には2200万人を超え、今年2月の2159万人をピークに、7月は2043万人となった。
コロナ不況
自助努力には限界
コロナ禍の中、非正規雇用者は2月からの5カ月間で116万人も減少した。だが統計上、失業者は38万人増。職を失った人々はどこに「消えた」のか。

🆕
サラッと法律違反を記事化している。
この場合での自己都合はあり得ない。ちゃんと取材したのか?
適当な憶測記事にしか見えないぞ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR