TOP > その他のニュース > 福岡伸一「理論的だが、コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

福岡伸一「理論的だが、コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

54コメント 登録日時:2020-04-02 07:11 | dot.(ドット)キャッシュ

 メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。前回に引き続き、今回も猛威を振るう新型コロナウイルスについて取り上げます。*  *  * 治療薬......

ツイッターのコメント(54)

この先生の気取った表現は生理的に合わないが、言っている事には同感。
福岡さんってやっぱ良くも悪くも未だ科学者なんだな。彼が本当に言いたいのは最後の3行。そのために真逆の思考実験を披露しておバカを歓喜させてる。文章が論文的なんだよね。強弱がなく淡々と。で最後にちょろっと本音。本人は満足かもだけど、このネタに関しては害だよね。
無症状感染者をも隔離する方法の一つですね。
”適切な隔離政策で広がりを抑えつつ、長期的にはインフルエンザのように共存していくことを選ぶしかない”
極論😱だけどその通り!
各国がロックダウンを早々にした訳だ‼️
感染症後進国、日本🇯🇵
安倍にロックダウンする勇気なんか無いから、都知事しませんか❓❓
知らないことを知ると😆✨
やはり、「集団免疫」が作戦として早い
感染症対策の基本。検査と隔離。検査中ランド、陽性者ランド、陰性者ランドにしっかり分ける。
まさにそうです。経済も大切ですが、人間の数が減れば尚更、経済はまわりません。確実になくせる。上の指示がないとできない。国のせいにしない。知事のせいにしない。自分です。
@dot_asahi_pub
著書「生物と無生物のあいだ」
福岡伸一先生の理論すばらしい😭
ウィルスを理解すること=スタートだと思います🙏

コロナウイルス問題を2週間で解決する方法
1.世界人口70億人。およそ20億家族がいると仮定する。

2.各家族に、2週間分の食料と水を与え、その間、完全完璧な隔離をする(各家族の間のあらゆる接近を一切遮断してもらう)。

3.2週間待つ。
なるほど!
⭐️治療薬もワクチンも集団免疫も待たずに2週間でコロナ🦠問題を解決する方法が「理論的」にはある

1.世界人口70億人。およそ20億家族がいると仮定

2.各家族に2週間分の食料と水を与え、その間、完全完璧な隔離をする(各家族の間のあらゆる接近を一切遮断してもらう
@76do__ 全世界の人がまったく人と接触しなければ2週間で終結するという思考実験。私はこれを在学生へのメッセージに加えました。だから長くなったけど😅
新型コロナウイルスがHIVのように体内に潜伏し続けないのなら、この方法を試みるべきでしょう。
亡くなる人もいるが、これをやらなければより多くの人が亡くなり、終息の見通しがたたない。
「ウイルスとの戦いは、それくらい困難を伴うものでもある。適切な隔離政策で広がりを抑えつつ、長期的にはインフルエンザのように共存していくことを選ぶしかない」
〈AERA〉 ”これは、知人の数理学者と会話しているとき(もちろん遠隔的会話)に出てきたアイデア。もちろん純粋に理論的な思考実験である。現実的にすぐ実行に移せるわけではないことをご理解いただきたい。”
確かに理論的には正しいし、これに近いことをして1カ月で封じ込めたのが中国の多くの都市。なお、この方式の場合、水際対策が重要になる。
福岡伸一さんの記事。要約はしてみたけども間違いがあったりするから見てね
この記事を要約すると
70億人いて20億家族が存在しているとすると、その家族家族を2週間隔離する。人の免疫系ではウイルスとの戦いは2週間で決着がつくから、2週間後には誰も感染しない体になってる
今すぐにでも実行してほしい。
全員が家に2週間引きこもる
簡単そうで難しい
今の福岡先生のコラムはこれですね。
共存しかないのか。
理論的ではないな。
だって潜伏期間は最長22日なんだから、2週間では論理破綻。
そりゃそうなんだがね。。。
中国が失敗したやつ
写真・図版 | 福岡伸一「理論的だが、コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」
日本なら、これからの大型連休に向けて準備すれば、この2週間近い状態やれるのでは。。

ここまで広まってる大本は海外からの感染している帰国者、入国者の移動。もう一度1か月前に戻して完全隔離を徹底。
なるほど。完全隔離か
しかし犠牲になる家族はつらい…
コロナ禍について福岡伸一は極めて慎重だ。取材が殺到しているだろう。明らかに禁欲している。この思考実験は有益だが、ペストの大波は何度も押し寄せた。新たなウイルスも次々と生まれる。対症療法的な医学の地平を超えた思想が必要である。
奥の手だね。⇒
2週間分の国民の生活費を支出できるだけの体力が国にあればいけるのか。
1億2千万×¥10万=12兆円。
2020年度の表向きの国家予算102兆円。

なんだ、余裕じゃん。
これぐらいやらないとダメかも...
ちょっと前に同じようなツイートしたから私きっと学者に向いてるんだわ転職しよ()
福岡先生のこんな話は好きだ!フェルメールの話も好きだ!
純粋に理論的な思考実験である。

福岡伸一

「コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」
#感染伝播拡大 は人と人とが接触ゼロならば起こり得ない だから 人の活動制限 自粛(完全な)が最重要→保証 補填は最低条件 安心して人が活動停止する為
これです。これを4月にやれば終わりなんです。
2週間待つ

とにかく待つ

これを国民で
一斉に実行すれば
今より先が見える。

自分ルールが強すぎる
国民が一斉に
出来るわけがないが
この理論的な話は
興味深い。
つまり、ウイルスとの戦いは、それくらい困難を伴うものでもある。適切な隔離政策で広がりを抑えつつ、長期的にはインフルエンザのように共存していくことを選ぶしかない。
これがたとえ机上の空論だったとしても、やってみる価値はあると思う。でも、「マスク2枚」とか言ってるのでちょっと膝から崩れ落ちてるところ。。。
誰でも思いつく内容と思うが笑

これが、できないのは、感染が止められなかった時に始まる地獄だよ。

それなら、その逆の方がまだ現実的だが、多くの犠牲を生む。

結果、犠牲を最低限にする対応しかできぬ

福岡伸一「理論的だが、コロナウイルス問題を2週間で解決する方法
経済衰退をこれ以上酷くさせない為にも厳密なロックダウン(都市封鎖)が2週間は必要という事だろう。国は経済衰退を嫌って非常事態宣言を未だ出さずにマゴマゴしているうちに日本経済が死ぬ

/ 〈AERA
学者であっても、感染の専門ではない。あまりに楽観視してると痛い目にあう。
#新型コロナウイルス
以上

記事本文: 福岡伸一「理論的だが、コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

いま話題の記事