TOP > その他のニュース > “公立”一貫校が高校募集停止ラッシュ 私立が危機感「学費の差は大きい」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

“公立”一貫校が高校募集停止ラッシュ 私立が危機感「学費の差は大きい」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

 中高一貫校といえば、私立のイメージが強かったが近年、公立が存在感を強めている。その勢いに私立が困惑するほどだ。AERA 2020年1月27日号では、自治体を交えた最新の動きに迫った。*  *  * ......

ツイッターのコメント(19)

最も経済的負担が小さい地元中学から希望する公立高校へという道が狭まるだけなのではないだろうか?
時代はどんどん変わるね
公立併設型中高一貫校の高入生、やはり厳しい目で見られていたのだなという事実
難関大学に入るための
公立中高一貫校なのね。

難関大学?うちには縁のない話😂通常の公立高校が倍率下がって、入りやすくなるならバンザイだなぁ。神奈川県、結構大変なのよ。

補助金だすなら、
高校も義務教育化して欲しいわ。
中3塾代が冷汗モノ💸
これについては東高西低ですよね。ますます、地域格差が広がりそう。大阪は色々と間違えている気がする。結局は保護者のマインドセットなんよ
学費の差は確かに大きいよね…
高校から募集の停止により中学の枠が増えたとしても人気が出て倍率は上がったりするのかな。
埼玉西部にもあったらよかったなぁとは思う。浦和大宮伊那で次川口みな南東部じゃんね
公立中高一貫校もそうなのか…そうなると益々、中学受験はしなきゃなんだろうな🙄
子供の私立中学受験を考えていた時にやはり塾から公立6年一貫校を勧められたが、イマイチぴんと来なかった。6年間になれば良いってわけじゃなくない?知りたかったのは具体的な授業・カリキュラムだったのに、それには答えてはもらえなかった。
さて、我が県で二華はどうなる?
現法制下でも改革は十分できる。関東エリアはかなり意欲的な自治体が多い。地方は消極的。

教育の地域格差はますます広がる。
教育格差拡大の理由は【地域の大人】
大人の差=教育力の差

***
 私立が危機感
公務員ってやる気スイッチ入ると元々優秀な人も多いから成果出すよね。私立も危機感持ってやらないと危ないね。
系列の大学がない私立中学なんて、余程のメリットがあり差別化されてないとキツイよね。
結局、(6年間の学費が)安上がりの私立が出来上がるだけ。中学受験の際、どれだけ塾にお金かけられるかで決まるのは同じだし。
学費がお手頃なのもあるけど、公立中学一般のようなド底辺に合わせた授業も無いなど、様々なリスクを回避できるのだから人気が出るのも当然でしょう。/ 私立が危機感「学費の差は大きい」AERA dot.
都市部の流れはこんな感じ。さて、地方はどうなるのか。
「難関国立大学等(東京大、一橋大、東京工業大、京都大、国公立大医学部)の進学実績は、併設型の内進生7.6%に対し、高入生は0.8%」>
私立が危機感「学費の差は大きい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR