TOP > その他のニュース > がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

 つらい副作用をイメージするがん治療で大きな注目を集めているのが「光免疫療法」だ。転移予防や根治の決定打となる「夢の治療法」になり得るのか。治験は続く。*  *  * まず、従来のがん治療について説明......

ツイッターのコメント(11)

早期も対象、というのはとても良いと思う。「ただし、すでに臨床試験が始まっている頭頸部がんと大きく異なるのは、再発がんではなく「比較的早期」の食道がんも対象にする点だ。」
(4/4) 〈AERA〉
日本人が研究!

アメリカで再発した頭頸部がん患者を対象とした臨床試験では、
15例のうち14例はがんが30%以上縮小
さらに7例は画像上確認できないほどに縮小したそう。

詳しく説明してます

 副作用がほとんどない光免疫法
現実的にはまだハードルがあるだろうが標準治療として確立されて広まって欲しい。
特殊な薬ががん細胞に取り付き、光を当てると薬が反応してがん細胞を壊す。
頭顎部がんで治験最終段階が始まる。
副作用ほぼなし、痛くない、辛くない。

がん細胞のみに対して強い攻撃力を発揮する治療法って初めてなんちゃうの?(ANK以外では)
薬の点滴と特殊な光をあてるだけで、副作用のない癌治療。
夢のような話です。
今後に期待しましょう!
これは期待できる! 作用機序も素晴らしくまさに夢の治療法。
早期に一般化してほしい。
二人に一人ガンにかかる時代です。

貴重な情報かと…母が気になります。
EGFRは頭頸部がん以外にも、大腸がんや胃がん、食道がん、胆道がん、一部の膵臓(すいぞう)がんなど、さまざまながんに発現するとされ、光免疫療法を応用できる可能性は高い。
昔、潰瘍性大腸炎は大腸ガンのリスク40倍って言われたから、この治療法は期待したい!
ガン細胞に赤色光を当てる。これは期待してもいいのではないか。
以上
 

いま話題のニュース

PR