TOP > 政治・経済 > Google 検索の変更で、アフィ収益減を嘆く米媒体社たち:「GoogleはやはりGoogleなのだ」 | DIGIDAY[日本版]

Google 検索の変更で、アフィ収益減を嘆く米媒体社たち:「GoogleはやはりGoogleなのだ」 | DIGIDAY[日本版]

16コメント 2019-11-13 19:03 | DIGIDAYキャッシュ

アフィリエイトコマースに関するビジネスがアメリカのパブリッシャーのあいだで伸長している。そんな米・パブリッシャーのあいだで注目を浴びていたのがクーポンだ。だが、数週間前にGoogleが検索アルゴリズムを変更したことで、ニュース系パブリッシャーのあいだで、今後のクーポンを通じた収益の見通しが不透明なものとなった。...

ツイッターのコメント(16)

これ、エキサイトとかがサブディレクトリでやってるやつやけど、 で聞いたらフィードバック送ってほしいって言われた。

アフィリエイターみんなで送りまくりましょ!!
Yahooのクレカサイト(サブディレクトリだが)が気になる。ほかにも価格.comとかのサブドメ
サブドメインを開放してサイト全体の力をつける手法😾 が対策したやつ🙅‍♂️(日本では見かけないやり方)
影響受けたニュースサイトってどこなのだろう
Googleは今年9月、サードパーティのサイトにおいて、ホームページから直接アクセスできないように分けられた、サブドメインのコンテンツの扱い方を変更した。これまで1年半以上にわたり、米国では「ベンダーによるクー...
大手webメディアがサブドメインをベンダーに貸し、そこからクーポンとECで数ヶ月で数百億円稼いでたとな。日本でも似たような話をありましたね…
「基本的に、メインサイトが十分に管理しているか関連性がある場合を除き、メインサイトの一部であるかのようにコンテンツを表示するサブドメインまたはサブフォルダーを、ほかのユーザーに使用させないようにすることを推奨する」
って言ってたじゃんGoogleが。
大手メディアのサブドメイン貸し手法がGoogleから対処された件について。これは落とされて当然かなあ。本体サイトごと落とされなかっただけ幸運では。>
サブドメ使った特異サイトはgさん対策してくるよね。

さて、下層ディレクトリを第3者に貸し出して攻めてる勢はいつまで生き残れるかな?

通報で落ちるかな?🤫
海外のアフィリエイト市場は割引価格で商品を購入できるクーポン訴求が強いので、クーポン掲載ページへの集客が落ちると途端に収益も悪化するという事態に ⇒
Discover(Google)から
Googleのアルゴリズムアップデートはユーザーの利便性を常に追求している証拠だ😏
アフィリエイトサイトもユーザーの利便性を常に追求して改善すれば、Googleのアップデートなど怖くない😎
#Googleアルゴリズムアップデート
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR