TOP > 政治・経済 > コロナショック、ついに「メディア支出」にも影響が及ぶ:「広告不況につながりかねない」 | DIGIDAY[日本版]

コロナショック、ついに「メディア支出」にも影響が及ぶ:「広告不況につながりかねない」 | DIGIDAY[日本版]

15コメント 2020-03-11 11:58 | DIGIDAYキャッシュ

グローバルな広告主たちが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によるメディア支出の大混乱を収めるべく奔走している。というのも世界最大手の広告主たちが、2020年の売上高予測を引き下げた。こうなると決まっていたことが頓挫しがちで、広告費は引き上げやすい経費となる。...

ツイッターのコメント(15)

当初予定していたメディアプランニングを見直し、状況に合わせていくしかないですね🐣
新型コロナウイルスによる経済的打撃は、経済の需要と供給の両方に及ぶという特徴がありそう。需要面では、移動が少なくなり、消費者はおそらく支出をためらうようになる。供給面では、製造業のサプライチェーンが混乱する

リーマンショックは両方向の打撃ではなかったの?
売上が下がると広告費を削減する会社が多いけど、それだと悪循環になってしまう。

こういう時こそ内部留保を使って耐え、広告費やマーケティング費用はキープするのが良いと思います。

なので内部留保が大切😌

僕の会社はまだまだベンチャーなので頑張らないと😅
このままだと売上とかいろんな数字が落ちる予測が多く立ちそうですね。
事業者さんは売り続けないといけないから出稿を止める=死ぬに等しいから停止は少ないだろうね。

ダイレクトじゃない広告は売上貢献度不透明だからわからないが

| DIGIDAY[日本版]
屋外メディアよりデジタルへは理解出来るな。消費は落ちるだろうけど広告全体というより既存の代理店は危機的状況では。Sorry.-

- @DIGIDAYJAPAN
すでに地方レベルでも観光、飲食、イベントを中心にどんどんCMストップかかってきてます…予算編成時期だけど来期がまったく見通せない…。
❝2009年の広告不況の際に大打撃を受けたのは、ブランドマーケティング予算とそれに伴うテレビ予算だった。検索やその他のパフォーマンスチャネルは比較的、傷が浅かった。
広告は確実に削られるだろうなぁ...
広告不況か😨
売り物がない状態で広告を出してもしょうがないよね。

/消費財や自動車メーカーが、新型コロナウイルスで工場や輸送路の閉鎖に直面している。最終製品を供給できなければ、製品の需要喚起の正当化は難しくなる。
以上
 

いま話題のニュース

PR