TOP > IT・テクノロジー > キヤノン「RF85mm F1.2L USM」は最高水準の画質で使い勝手も抜群のレンズ - デジカメinfo

キヤノン「RF85mm F1.2L USM」は最高水準の画質で使い勝手も抜群のレンズ - デジカメinfo

10コメント 登録日時:2019-08-18 14:52 | デジカメinfoキャッシュ

デジカメ関連の最新情報を紹介するサイトです。...

Twitterのコメント(10)

「EOS Rに取り付けると大きく見えるかもしれないが、重さは1195グラムでそれほど重くはない。」は?
なにこのあふれ出る最強感。わたしがポートレート撮る人だったら買ってるな。これかもしくは新技術を使ったもう一方の85mmか。

- デジカメinfo
キヤノンのフルサイズセンサー対応の大口径な中望遠単焦点レンズ「RF85mm USM」のレビューが掲載されています。F1.2の大口径にもかかわらず開放から画面の隅まで極めて高い解像力、色収差もほぼゼロ、見事な光学性能、ボケもとても滑らかで美しいです。
強いレンズだ
キヤノンRF85mmF1.2L。
・周辺の解像力は解放F1.2がF5.6より上回る
・中心はF2.8が最も高性能
・周辺減光は解放で-1.6EV、F2で-1EV
・「重さは1195グラムでそれほど重くはない」!!
天体用途でもF2で使うのがベストか。凄いね。
デジカメInfoよりピックアップ。
RFええのう
「EOS Rに取り付けると大きく見えるかもしれないが、重さは1195グラムでそれほど重くはない。」٩( ᐛ )و
キヤノンRFマウント、レンズは魅力的なんだよなーボディはショボいけど。
USM」は最高水準の画質で使い勝手も抜群のレンズ(デジカメinfo): ePHOTOzineに、EOS R用の新しい大口径中望遠単焦点レンズ「RF85mm F1.2L USM」のレビューが掲載されています。
RF85mmF1.2は色収差がゼロみたいだから天体にも使っていけそうだね。
以上

記事本文: キヤノン「RF85mm F1.2L USM」は最高水準の画質で使い勝手も抜群のレンズ - デジカメinfo

関連記事