生活保護の障害者、月9万5000円支給でも困窮する理由 | 生活保護のリアル~私たちの明日は? みわよしこ | ダイヤモンド・オンライン

千葉県の県営住宅に住む馬場寿一さん(54歳)は、県営住宅で生活保護を利用して単身生活している精神障害者だ。馬場さんは今、生活保護費と障害基礎年金を受け取っているが、2ヵ月おきの支給である「まとめ支給」...

ツイッターのコメント(59)

俺も統合失調症で近いからシェアした。この人の場合、文面の内容が全部通ったとして解決するだろうか
古い記事だけどこれ見てたら本当につらくなってきた。月95000円で食わなきゃいけないうえに趣味もだめって言われるんかい
なんで2ヶ月ごとなんだろう?1ヶ月ごとに出来ないんだろう?

それで楽に暮らせるならって思うぞ。うーん。
自殺はしないで!ってなんの根拠があって言うの?あなたが食わせてくれるのって思うわ。まじで。
年金受給のない月はイベントに行かないくらいの気構えがないといずれ破綻するのでは?
意見を言うのは大事。
しかしまぁ、突っ込みどころが多いな…。
金があっても幸せにはなれなさそうだなぁ。
実際にこれなんだよなあ。年金が2ヶ月に一回と言うのがどうもね。でも、この人私はやめたけど、コンサート行ってるの?それはお金なくなるよ。
このギリギリ感、わかる。日々のやりくりが逼迫していると長期的な視点で見られなくなるというのも然り、⌈産まれたときから追い立てられている⌋人とそうでない人の思考力には差があるよ。
国の問題点が山積みに感じる記事だ。ただ県営住宅、1人暮らしで生活保護で月95000なら生活できそうな気がするんだ。

生活保護の障害者、月9万5000円支給でも困窮する理由|生活保護のリアル
再登場の「まとめ支給」問題。「家計管理に問題あり」としてる相手に何故こうするんか。FP付けるより毎月支給の方が事務コスト安だろう。--生活保護の障害者、月9万5000円支給でも困窮する理由| @dol_editors
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。
PR