TOP > 政治・経済 > 安倍政権を支える右翼組織「日本会議」の行動原理(下) | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

安倍政権を支える右翼組織「日本会議」の行動原理(下) | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

安倍晋三内閣と極めて近い関係にある保守系の民間団体「日本会議」。その実態を詳らかにした『日本会議の研究』(扶桑社新書)が話題を呼んでいる。著者である菅野完氏に、本書で伝えたかったことは何かを聞いた。

ツイッターのコメント(49)

@sinesumo @terukotobuki スガノタモツ先生談

一方、左翼側の組織で目立つポジションにいるのは、男。運動の足腰も男。なんとも歪な感じがするんですね。また、「女のくせに黙ってろ」「若い奴は引っ込んでろ」といった言い方は、むしろ左翼の団体の方から聞くことが多いです。
聞き手「ミソジニーですか。とはいえ、彼らは堂々とそれを標榜しているわけでは…」←「女は家事育児介護を」の家族原理主義はミソジニ。
--
なるほど➡ 「日本はロッキード事件以来、政治家のスキャンダルと言えばお金とセックスの問題ばかりになった。逆にお金とセックス問題以外なら、よほどの失言でもない限り、政治家の言説を批判しなくなった」

菅野完氏インタビュー
菅野完氏「日本のメディアが真正面から政治家や政治勢力の言説と戦うことを、過去40年間やらな過ぎたことに問題があると思います」
@dol_editors 草の根保守、というか、よく知らなかったけどかなり強いようだ。
これを読んだ後だから、安倍さんが何をするかわからないというのもしっくりくるなぁ。

いるよなーそういう人って感じだもん。でも、公人がそれだと困るわって感じ。
のいほい氏の左翼批判には納得しかねるものが…と言いたいところなんだけど、少なくとも私に関しては当たってしまっている。私がtwitter以外でろくに政治活動ができないのは、私が何を言っても「ああいう人だから」で終わってしまうだろう
「日本会議の研究」著者・菅野完氏  地方の愛国おじさん・愛国おばさんというのは、何らかの正業を持って中の上くらいの生活をしてて、地域社会に溶け込み、運動となると手弁当で、一歩後退二歩前進が当然とばかりに、地道に市民運動をやっている。
主張はミソジニー(女性蔑視)的だが、活動タレントは女性が多く、活動主体も、地域社会に溶け込んだ愛国おばさんが多い。みんな手弁当。逆に左翼は夢みがちで、活動は男性ばかり。 >後編 「日本会議の研究」著者・菅野完氏
“彼のやっていることが、僕らから見ると矛盾だらけで整合性が全くとれないように見えるのは、そのせいなんだろうと思うんですよね。中身が「真空」だから、すべての勢力にとって、あれほど担ぎやすい神輿はない。” / “安…”
よかったのか、ノイホイ出版して?

俺は安東巌でも平気で書いちまうオトコなんだぜ?(笑)
著者・菅野完 サラリーマンならわかるでしょうが、どんなに仕事ができても、そうした折り目正しさがなければ評価されないじゃないですか/折り目正しい人を集めたら即座に右傾化するけどw
「バランスをとっていくには、左翼がもっと頑張らないといけませんね。」
「本当にそう思います。少なくとも、社会人として当然の実務能力や折り目正しさを持ち合わせていない人が多すぎる。」

日本のメディアが真正面から政治家や政治勢力の言説と戦うことを、過去40年間やらな過ぎたことに問題がある」

安倍政権を支える右翼組織「日本会議」の行動原理(下)|ダイヤモンド・オンライン
左翼団体は男女平等的な政策を訴えてはいるけど、組織運営は男性中心であるのに対して、日本会議は女性蔑視的な政策を訴えてはいるけど、組織運営は男女平等的だという菅野完氏の指摘は非常に興味深い。
本来、メディアは言論機関として政治と対峙しなければなりません。そうしないと民主主義は成立しないはずなので。 @tim1134
日本会議の原動力はミソジニーと言うけど、伝統的性別役割分業主義と思う。むしろその中で女性を大切にしていると思い込んでるのでは。|安倍政権を支える右翼組織「日本会議」の行動原理 「日本会議の研究」著者菅野完氏| @dol_editors
そうせい候か。安倍晋三と鳩山由紀夫は同類か。納得。
@dol_editors←「言説を言説として言説で批判する」習慣がまだ辛うじて残っている。ところが日本は・・・左右に振り切れてるオピニオンって違和感しかないけど報道のあり方も違和感
安倍政権がひどく「ミソジニー(女性蔑視)」なのは記事で理解したけど。この状態はもう我慢できない。女性にも人権を!
(下)

<地方の愛国おじさん・愛国おばさんというのは、何らかの正業を持って、中の上くらいの生活をしてて…地道に市民運動をやっている>
<日本会議の幹部のように…大学卒業以来政治活動だけしかしたことのない「プロ市民」も左翼以上に多い>
左翼批判も安倍批判もことごとく鋭い。特に「心ある」労働組合構成員諸氏は心して読め。
の引用 とコメント。 @noharra
【従軍慰安婦も歴史認識も、みんなミソジニーが根底にあると考えれば、全部納得いくんです】
安倍政権を支える右翼組織「日本会議」の行動原理(下)

ノイエホイエ全然変わってないなということが再確認できました。読んでないけど本の内容も推して知るべきじゃないですか。
@dol_editors
「ジェンダーロール」巡る主張と組織の実践の矛盾は左右ともに。
日本会議の主張する政策は、ジェンダーバイアスが掛かりまくりだし、性役割分業を前提とする社会を実現しようとしているのは間違いがない。でもその運動を推進している団体は極めてジェンダーロールが少ない。菅野完氏インタビュー。
増刷と共にKindle化して下さい  「日本会議の研究」著者・菅野完氏インタビュー|DOL特別レポー
中身が「真空」だから、すべての勢力にとって、あれほど担ぎやすい神輿はない。www妙に納得www
“左翼の人は……ある日突然世の中が変わることを夢見過ぎていたんじゃないかと思います”
この人の安倍首相感、わりとしっくりきた
"従軍慰安婦も歴史認識も、みんなミソジニーが根底にある…ジェンダーバイアスが掛かりまくりだし、性役割分業を前提とする社会を実現しようとしているのは間違いがない。でもその運動を推進している団体は極めてジェンダーロールが少ない"
話の中身より見出しに悪意を感じる。
ミソジニーでありながら「組織としては日本会議は実に男女平等なんです」という指摘は面白い。身分相応の場所にいれば尊重されるという事か。
日本会議とはいかなる組織かの入り口が見えた。:
従軍慰安婦問題で、彼らはよく「もう済んだ話をほじくり返すな」というが、あれは「素人娘ならまだしも玄人女がなぜゴタゴタ言ってるんだ」というのと同じ
「日本会議の研究」著者・菅野完氏インタビュー|DOL特別レポート 読者アンケに苦笑い
従軍慰安婦も歴史認識も、みんなミソジニーが根底にあると考えれば、全部納得いくんです。

従軍慰安婦問題
日常の居酒屋用語に直すと、「素人娘ならまだしも玄人女がなぜゴタゴタ言ってるんだ」というのと同じなんですよ。
>着目しているのは安倍晋三という政治家の、「あまりに主義主張に整合性が取れない」という特徴
>「なんでも採用しちゃう路線」のなかに、日本会議も入っている
>中身が「真空」だから、すべての勢力にとって、あれほど担ぎやすい神輿はない
「日本会議の研究」著者・菅野完氏インタビュー|ダイヤモンド
「左翼の人はどこかでやっぱり、革命幻想というか、ある日突然世の中が変わることを夢見過ぎていたんじゃないか」すごくわかる
興味深い記事。実感とも合う。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR