TOP > 政治・経済 > キヤノン「完全自動化工場」で見えた日本経済の明るい未来 | 今週のキーワード 真壁昭夫 | ダイヤモンド・オンライン

キヤノン「完全自動化工場」で見えた日本経済の明るい未来 | 今週のキーワード 真壁昭夫 | ダイヤモンド・オンライン

キヤノンをはじめとする製造業で、生産自動化の動きが加速している。少子高齢化が進むわが国にとってこれは重要である。まだ気掛かりな点もあるが、長らく“縮み志向”にあった企業にイノベーションの胎動が見え始め...

ツイッターのコメント(16)

キヤノンは、2018年を目途に国内のデジタルカメラ生産を完全自動

自動化競争は国際的な戦い。中国勢も、追い上げる
日本では
三井造船や三菱重工業などの重工業、オムロンなどの医療品分野、さらにはキユーピーなど食品部門にも及んでいる。
修理代が高いと感じられる未来
<キヤノン「完全自動化工場」2018年

ただし、政治的もの排除なら
消費地になるべく近いところで生産を行う方が有利だ。
運送コストが節約できるし、
地産地消によって為替の変動リスクなどを負う必要がない
@ai_sakazuki @sun_koubun ただ工場を日本に戻す為にもIotによる生産ラインの自動化が必要なのが悩ましいところです。
これまでと同じ規模・職種での雇用を、工場に期待できない時代になりつつある、んでしょうかね。

>>
確かに今トヨタ系の製造業廻るとロボット系の技術者欲しいって言われる事多いんですよね〜(^^)
よくわからないが!!
キャノンは結構昔から完全自動化工場に興味を持ってたよな。
あと3年でキヤノンの工場から熟練工が消える。学校から熟練教師が消えるのはいつ? 「ロボットなどを使って、熟練技術者の技術を自動生産ラインに置き換える。生産コストは約20%削減できる見通しだ。」 / “キヤノン「完全自動化工場」で見…”
びみょー
キヤノン「完全自動化工場」で見えた日本経済の明るい未来|ダイヤモンド・オンライン
カメラ製造を、完全自動化か…。
キヤノン、デジタルカメラの完全自動化工場により約20%の経費削減へ。そして自動化で見えた日本経済の明るい未来|
雇用が失われる一方、雇用が生まれるというが、それらのバランスはどうなのだろう?、アップルは米国では1万4000人弱(2011年)ほどしか雇用していない:キヤノン「完全自動化工場」で見えた日本経済の明るい未来
ホワイトカラーの雇用機会は増えるけど今はそんなの求められてないんじゃ
キヤノン「完全自動化工場」で見えた日本経済の明るい未来

Canonがキヤノンだということを知ったことが一番の衝撃
沢井製薬なんかとっくに完全自動化してる筈だが / キヤノン「完全自動化工場」で見えた 日本経済の明るい未来 - 今週のキーワード真壁昭夫
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR