日本の“リベラル”は、世界標準の“リベラリズム”とは別モノだった[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン

『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムを嫌いにならないでください』の著者、井上達夫氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)は、日本法哲学会理事長も務めた法哲学(正義論)の第一人者だ。井上氏の立場はリ...

ツイッターのコメント(64)

これか…
Twitterに居る批判的なコメントばかり打ち込んでるアカウントがどうも苦手だった理由がなんとなく分かった
日本の“リベラル”は、世界標準の“リベラリズム”とは別モノだった[橘玲の日々刻々]|ザイ・オンライン
@io302 「間違った医学情報を拡散する人を私は放ってはおけません。」

井上達夫先生的な「リベラル」を見るようで感動しております。
「内政問題と見なし、介入を手控えた。」結果→
日本の“リベラル”は「異形の思想」~日本の“リベラル”は、世界標準の“リベラリズム”とは別モノだった[橘玲の日々刻々]|ザイ・オンライン
現実は、反日基地外『売国』左翼革マル+支那・朝鮮のスパイ
あとで読もう。☞ 日本の“リベラル”は、世界標準の“リベラリズム”とは別モノだった[橘玲の日々刻々]|ザイ・オンライン
日本の“リベラル”は、世界標準の“リベラリズム”とは別モノ|
おかしなリベラルによって本来のリベラルが曲げられているという記事
「天皇・皇族に職業選択の自由がなく、政治的言動を禁じられ、表現の自由もない…「最後に残された奴隷制」以外のなにものでもない。天皇制は反民主的だからではなく、民主的奴隷制だからこそ廃止しなければ」 / “日本の“リベラル”は、世界…”
日本の“リベラル”は、世界標準の“リベラリズム”とは別モノだった[橘玲の日々刻々]|

世界標準のリベラリズムと日本のリベラルはまた別である。という記事。
でも、世界的にも「リベラリズムとリベラルは別物」となりつつある
 

関連するニュース

PR