TOP > 政治・経済 > ダイヤモンド・オンライン > 「人口減少=悪」...

「人口減少=悪」ではない次世代に向けて発想を転換せよ | シリーズ・日本のアジェンダ 崖っぷち「人口減少日本」の処方箋 | ダイヤモンド・オンライン

90コメント 登録日時:2015-05-07 00:20 | ダイヤモンド・オンラインキャッシュ

日本を代表する歴史人口学者の速水融氏は、「人口が減ることは必ずしも悪いことではない。むしろ、恩恵も多い」と言う。長い視点で見ると、人口減少は社会にどのような影響を及ぼすのだろうか。(まとめ/フリージャーナリスト・室谷明津子)...

Twitterのコメント(90)

この人は立派な考え方ですが今の人口減少とペストを同列の人口減少と捉えているところは理解出来ません🐱
「人口減少社会では社会が成熟し、人々は余暇を楽しむようになる。経済は停滞しますが、代わりに芸術・文化にお金が回っていくのではないでしょうか。もちろん、人口減少社会になれば、必ず文化が成熟するというわけではありません。」
増加、減少、 考える参考にしよう
先進地域に限って見ると1.68人にまで低下している。欧州の主要国ではTFRが軒並み下がっていて、今後10年以内に全地域において人口減少が進むでしょう。
仕事の合間に。こんな記事みっけた。人口問題に興味津々のオイラには嬉しい記事。
あとこの室谷さんの文章よみやすいなー。
女性たちの静かな革命!
NHKは人口減少=悪という考え方のようだが、こういう考えもあると思う。
一理あり。
「最適な人口規模はどの程度なのか、その規模で安定させるにはどのような政策が必要なのかなど、まだまだ人とお金を投入して研究されるべきテーマがたくさんあります。やみくもに『人口減少=悪』と決めつけるより、客観的な研究に基づく議論が必要」
融 dol_editorsより

男性が強い「マッチョな国」では
子どもを産まない女性が増える(中略)私は密かにこの現象を、女性たちの「静かな革命」と呼んでいます。
今日の午後、代表質問に立ちます。人口減少も取り上げます! 融・慶應大名誉教授|崖っぷち「人口減少日本」の処方箋|ダイヤモンド・オンライン
そうかもしれないけれども、っていう。人口減少「用」の新しい経済の仕組みが必要なのかもね【 @dol_editors
”私が考える日本の理想的な人口規模は、7000万~8000万人。終戦直後くらいの人口です” 確かに今は多過ぎ、何となく納得する数字だ。/
子供を生む・生まない。社会に出て働く・働かない。どの選択も自分次第
女性の社会進出と言っても、女性向き・不向きの仕事もある。面白い記事

少日本」
◉  

読み応えあり! 社会の変化は必須、発想の転換を。
――速水融・慶應義塾大学名誉教授(まとめ・室谷明津子)|崖っぷち「人口減少日本」の処方箋|ダイヤモンド・オンライン
「人口減少=悪」ではない次世代に向けて発想を転換せよ、と。人口はかなり確かな予想には違いないのだが、それは昔からそうで、それでこの状況なのは、何が問題なのかな。
これも一理あると思う。外国人労働者を合法的に受け入れるなら話は違うが、他国の例を見るに、私はそれには賛成できない。『「人口減少=悪」ではない次世代に向けて発想を転換せよ』
少子高齢化といっても、それが普通らしい。

--- 「人口減少日本」の処方箋 ダイヤモンド・オンライン
人口減少社会を冷静に分析して来るべき豊かなコンパクト社会の政策を構想すべし。先ずは高度成長神話の呪縛から自由にならないと。厚労省には無理だな。
この人の新書を読んだが色々目から鱗で面白かった|自書で江戸期の大都市は地方の男を吸い込んで結婚もできず使い潰すブラックホールだと喝破しているのに"社会が成熟し、人々は余暇を楽しむ"とか書いているのが怖いw / “「人口減少=悪」で…”
どうもこういう議論には違和感を感じます。高度経済成長やバブルを謳歌した世代がこんなことを言っても今の世代は納得できないと思うのですが、どうでしょう。→
全然詳しくないけど、すごい共感出来る|
団塊の世代が、みんなあの世に行った後の話だな。 /
「人口減少をきっかけに拡大一辺倒から価値観を転換し、文化を成熟させる方向に社会やお金の回し方を変えていくリーダーが必要」
ネガティブ思考だけでなく、ポジティブな面もあるということ。
「男性が強い『マッチョな国』では子どもを産まない女性が増える」「『もう子どもを産むだけの人生ではない』という意思の表れのように見える」
とりあえず、速水融が売国奴であることだけは覚えておいた。 /  崖っぷち「人口減少日本」の処方箋|ダイヤモンド・…”
私は、日本に住む人間は8000万人前後が好ましく思います。そして、親はなくても子は育つ的な事をやめ、子供は社会全体で育てる。子供には管理と躾が必ず必要だと親が認識することが大切だと思う。人口減少=悪ではない
人口減少が悪いという固定観念はあったなぁ |
出生率が目標未達なら高齢者の社会保障を削る、というシステムなら誰も文句は言わない /  崖っぷち「人口減少日本」…”
余命いくばくもないという状況下で、キチガイの世迷い言か?(笑) 昔だと、こういう時には先生が出て来て、「貴様!何を言っているんだ!」って叱ったものだけど? 最近は先生も不足(笑)
人口減るからヤバイ!って言ってるだけじゃだめだもんなあ。>
まったくもって正論。人口が増え続ける社会の末は破滅しかないので、ある人口で継続安定するしかない。日本にとって1.2億人は多すぎで幸福な人口は6~8千万人でしょうねという当然の結論。 / “「人口減少=悪」ではない次世代に向けて発想…”
"男性が強い「マッチョな国」では子どもを産まない女性が増える" "問題視すべきは人口の偏在と減少速度" /  崖…”
正確を期すなら、今問題とすべきは全体の人口減ではなく、それに伴う人口ピラミッドの崩壊でしょう。出生率は下がっているけど、死亡率も下がっている。>
たしかに人口減ではモノより、文化成熟がおこる。
出生率の低下は大正末年から始まり、戦後のベビーブームを経て本格的に。終戦直後に4人を超えていたTFRは1950年に3.65人、70年に2.13人、90年には1.54人、2010年には1.39人と急速に下がった|「人口減少日本」の処方箋|
問題とされているのは急激な人口減少の話であって、人口規模の話ではない。今の合計特殊出生率では、この人の言う適正規模を超えて減少は止まらない。学者からこの手の楽観論は何か別な意図が?と勘ぐってしまう。 / “「人口減少=悪」ではない…”
人口減少はいいけど集中は悪いらしい。散らばって全体で衰退しろと?
賛成。「欧州並みにゆったりと空間を使える方がいい。私が考える日本の理想的な人口規模は、7000万~8000万人。」「人口減少=悪」ではない次世代に向けて発想を転換せよ・
人口減少そのものが悪いと言う人は少数派じゃない?高齢化問題が綺麗に片付くならいいことずくめだと思うよ。 /  崖…”
仰る通りだと思う。
>日本の理想的な人口規模は終戦直後くらいの7~8千万人。徐々に減っていってその規模で安定させるのがいい。問題視すべきは人口の偏在と減少速度
◇「人口減少=悪」ではない~ @kenfuka
ほんとこれ:
ダイヤモンド・オンライン「『人口減少=悪』ではない 次世代に向けて発想を転換せよ」記事を書きました。
人口減少が良い悪い以前に、今の日本は「日本スゴイ」と自画自賛に酔いしれるか、他国への憎悪を煽り立てるだけで、この問題に向き合う気がまったく無いように見える。このまま何もせずに手遅れになるのだろう。 / “「人口減少=悪」ではない次…”
「先進国では特に、ドイツ、イタリアのTFRが低いですね。この2ヵ国と日本に共通するのが、もともと父系が強い「マッチョな社会」である点。」「「もう子どもを産むだけの人生ではない」という意思の表れ」 / “「人口減少=悪」ではない次世…”
量より質を上げていこう。
人口減少は過去にも経験があって必ずしもデメリットだけではないというのはわかるが、日本がむかえようとしている超高齢化社会は今までどの国も経験したことがない。 / 融・…”
そこまで言う 速水融 /
「各地域の中核都市、さらにその下の市町村に人口を呼び戻す政策が急務です。」 ―速水 融・慶應義塾大学名誉教授|崖っぷち「人口減少日本」の処方箋|ダイヤモンド・オンライン
うまく人口7,8千万人社会に着地できればいいと思うんですが、それまでの間にものすごい勢いで社会保障の財源を食いつぶしていくわけですよ。その時に社会保障制度は残っているんでしょうかね。 / “「人口減少=悪」ではない次世代に向けて発…”
発想の転換。日本の今の規模を維持しようと固執すれば人口減ったら困るんだろうけどね。現状維持の必要性はないと思うんだ。
→ 速水 融・慶應義塾大学名誉教授|ダイヤモンド・オンライン
85歳が黙って隠居できる社会がいい社会だと思うの。→ ―速水 融・慶應義塾大学名誉教授|シリーズ・日本のアジェンダ 崖っぷち「人口減少日本」の処方箋|ダイヤモンド・オンライン
生産性の向上ができれば、GDPの増加も可能です。ゆったりとした住み良い社会を目指すのかな。 /  崖っぷち「人口…”
人口減少は悪でも善でもなく、「危機」なのです。人口減少のバスに乗ったのは日本だけで、フランスやイタリアでは人口は増えています。⇒ 融・慶大名誉教授  @dol_editors
僕が受けた命令は“この種を食い殺せ”だ /
キタコレー!!僕常々少子化の何がいけないのかわからなかったのよね。確かに少子高齢化だと支えられる側が支える側より多くて大変なのはわかる。でもそれを乗り越えれば全体の人口規模が単に縮小したバランスのいい社会になるのではと常々思ってた。
'50年一億維持はほぼ無理。減少を前提に前向きに取り組むべきかと。| ダイヤモンド
読みました。|  崖っぷち「人口減少日本」の処方箋|ダイヤモンド・オンラ
人口の総数の問題ではなく、減少局面における極端な人口構成比率が問題になってるのではないかと。。。 /  崖っぷち…”
ヨーロッパが既に移民受け入れて失敗してるからなあ。
人口が減ると困るってのはよーするに名目GDPが成長しないと困るからって話から導き出されてるお話で、実際には名目GDPさえ増えてれば人口は減ってもいいので、人口減少率より一人あたりの名目GDP伸びてれば無問題なので
すごい言い分が出てきた。
融・慶應義塾大学名誉教授|
> こういう裏付けのしっかりした説を、もっと声高に皆に届けるべきだ。先進国は人口は増えず一極集中する。それが自然。
確かに→ 融・慶應義塾大学名誉教授|
日本の人口密度は確かに高い。特に東京は。
「問題視すべきは人口の偏在と減少速度」(4頁) /
後でちゃんと読もう
人口1億人維持!に賛同できない根拠がこれ。人口減少速度が速く社会保障制度をどうするかが課題の本質。→ 融|ダイヤモンド・オンライン
人口が減ること自体 社会の近代化 自然な流れ 、心配する必要はない 。
ようやくダイヤモンド・オンラインが俺にデレた
驚くべきは、この記事を書いている教授自身、86歳にして現役だという事。⇒「人口減少=悪」ではない。
人口増加は、地球規模では悪のはず。自国の成長ばかりを目指すのではなく、人口減少を受け入れるシステムを作らなければ、地球自体がもたない。 / - シリ...
今の人口減少は、戦中戦後の人口増加から抑制に向かった政策の50-60年後の結果だからね。現在の高齢化対策のために人口政策をやったら、将来に対して問題を残すことになる。 / 「人口減少=悪」ではない次世代...
以上

記事本文: 「人口減少=悪」ではない次世代に向けて発想を転換せよ | シリーズ・日本のアジェンダ 崖っぷち「人口減少日本」の処方箋 | ダイヤモンド・オンライン

関連記事