嵐にEXILE、少女時代…スウェーデン音楽家が世界の作曲を牛耳る理由 | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

シングルヒットチャートで世界1位を記録した曲数のトップ2といえば、ジョン・レノンとポール・マッカートニー。では、世界3位は誰か?知る人ぞ知るスウェーデン人作曲家、マックス・マーティンだ。

ツイッターのコメント(38)

過去にもこういう記事あったよね。
2015年の記事だけど、知らんかったわ。
スウェーデン面白そうやなぁ
「スウェーデン政府は、音楽輸出を推進していて、輸出に貢献した作曲家が毎年表彰されます。しかも我々みたいな若手の作曲家にも助成金があるんですよ。政府のバックアップは大きいです」
*6年前の記事。スウェーデン出身の作曲家がここ数年多いのは理由があるんだな。政府が後押ししてくれるんだって。
ラジオで聞いてスウェーデン作曲家関連検索したら昔読んだ記憶のある記事がでてきた
スウェーデンに足を向けて寝られないな

スウェーデン音楽家が世界の作曲を牛耳る理由 |
邦楽の特徴とか良い所が紹介されてる >
@core_tan そうなんです。
なんで外国人がJ-POPクリエーターにクレジットされてるのか以前気になって調べたことあります。
この記事だったような気がするんですが…
 
PR
PR